後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【やめて欲しいんですけど】
2012-06-12 Tue 09:58
後藤が人並みに落ち込むときに。気付くことがあります。

神さまのボケ、というか神さまのフリ。
いいや、前向きにとれば、神さまの慰め…。



①おとといは、亀でした。
せんげん台River と私が呼ぶ水路脇、せんげん台駅西口側にある無料駐輪場にて。夜間帰宅途中の後藤が自転車に乗ったその時に。

薄明かりの照明に照らされて、足元の石が動いています。後藤方向に。
よく見ると、亀。目つきの悪い巨大ミドリ亀ではなくて、臆病、穏やかな和亀。甲の長さ約14cm。

しかもその甲の一部が破損し、めり込んだ状態。誰かに踏まれた…?もしくは故意に…?

でも亀自身は「Dying」ではなく、普通に元気なので、とりあえず安心。でもそんな不遇の亀を彼らの定住地に返してあげないといけません。せんげん台River は比較的浅く、後藤が今たっているところから水面までの落差は約3mt。しかも雨によって流れが速いのです。そのまま投げ込む訳にはいきません。

左手にディスポをはめ、亀を持ち上げて自転車で移動。
亀は恐らく、その生涯でもっとも恐ろしい体験をしたことでしょう。地表からの高さ:約90cm、時速:約18kmの恐怖。

風を切る高速移動中、しかし亀は少し顔と手を出していました。(殺される、逃げなければと思ったのかもしれませんが…。)


自転車で川をさかのぼること約300mt。そこで人間が川べりまで降りられる場所を確認。降りて、水辺の草むらに亀を下ろしてMission Completeです。

②昨夜は、子どものこうもりでした。

さいたま市岩槻区はこうもりの名所です。知ってましたか?後藤が今決めました。

夕闇をついて、そこ ここに小さな飛翔物体の影が。トリッキーな飛び方をするこうもりたちです。

後藤は、こうもりに対して非常に高い評価をしておりました。

超音波(SONAR、Sound navigation and ranging)を使い、いかなる障害物をも避ける。
おそらく ショットガンの弾すら全てかわす に違いない、と信じていたのです。

だから、暗闇の中自転車で高速移動していようとも、こうもりに突然ぶつかられることなど想定していないのです。

それが…。昨晩、こどものこうもりが後藤チャリのかご部分に正面衝突し。

「ぽん」と音を立てて地面に落ちた彼を、あわてて引き返した後藤が介抱するはめになりました。
おそらく脳震盪。トラックとの正面衝突、タイソンのフックを喰らって1R 37秒でKO負けするようなものです。

ディスポをつけて、地面の真ん中にうずくまる彼を、道端に移動させます。
(噛まれると…ねずみと同じダメージを想定しないといけない。狂犬病含めて、嫌だなぁ…)

そんな風に思いながら、背中をそっとさすると、こうもりはちょっと羽を開いて見たりしていました。
印象は、「小さい。」羽を閉じて硬直している彼は、4 X 3cm程でしかありません。


その後、進撃の巨人の存在に気付いたのか、その硬直具合はますます硬く、立派な「死んだフリ」。

正直可愛かったです。


自身弱るとき、落ち込むときほど、こんな小さないのちによる慰めを与えてくれる…。

後藤のアイデンティティが何なのか。
「助け起こす者」
「いのちに寄り添う者」…。

そんな解をいつも見せ付けてくれる。

神さま、あなたに感謝します。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【神の召し】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【感謝のこころ】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。