後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【経営幹部に求められるもの】
2012-06-08 Fri 11:06
従来の日本的経営によれば、管理職/組織の長は

①過去にその会社にした貢献度
②社内での影響力/政治力
③血縁

などを基に決められてきました。

しかし人件費削減が命題となった現代日本では、昔のような年功序列・トコロテン方式の昇進・昇給など維持できなくなり。管理職を評価し選別する方法も変わらざるを得ませんでした。
しかも大企業であれば、株主に対しての説明責任もあります。そこに説得力を持って提示できるような、「客観的判断基準」が求められるようになったのかもしれません。

社内の昇格昇進試験の一例を下記に挙げます。考えたことがなかった方も、既に色々な試験科目を研究している方も、是非ご一読下さい。

(プレジデント誌 2003年4月14日号「“B/S・P/Lが読めない”では、部長になれない!?」参照)



<演習科目 例>
①経営課題演習
ある架空の企業/部門を設定し、そこに顕在化している問題の解決策を導くもの。
e.g. 「新規製品の拡販において部門間の足並みが揃わず、なかなか成果が出ない。期待された大口顧客からも取引量縮小の旨打診があった。」といった状況に対して、課長の立場でその解決策を仮定し、回答する。

②状況対応演習
与えられたシチュエーションの中でどう対応するか、判断能力をみるもの。
e.g. 「営業部長が休暇で2週間アフリカに行ってしまった。ふたを開けてみると、満足に連絡も取れない状況。部長が受けるべき電話も、返すべきメールも手付かずのまま」である。そこで緊急度の違う手紙やメール、社内文書、留守中に発生したトラブル処理、顧客対応など、22の案件について具体的な処理法を記述する。

③課題探索演習
顕在的・潜在的な問題を明らかにし、解決する能力を測るもの。
e.g. 「売り上げ目標達成に向けての上司から部下への指示、店内の様子、製品発注・在庫状況など、6つのケーススタディーを読み、その支店の持つ課題を抽出する。」
e.g. 「ある企業の本質的な問題を探るために必要な情報、財務諸表や競合の情報などを受験者に2回に分けて請求させ、そこから課題解決に向けた方針を記述する。」

④情報分析演習
特定企業の情報を3時間かけて読み込み、そこからその企業が抱える問題点を抽出して、経営課題を記述するもの。
e.g. 「財務諸表や商品一覧、競合、雇用状況、業界の概要、報道など100ページにも及ぶ資料を読んで後、時間内に課題分析、抽出、記述まで行なう。」(CEOなど上級職向け)

⑤模擬記者会見演習
実際にカメラや照明を並べた部屋に、五分間の状況説明を受けただけでいきなり引っ張り出され答弁させられるもの。
e.g. 「不祥事の事実を認めるのか」「会社ぐるみの脱税ではないか」「被害者への補償はどうするんだ」などという記者役の評価者から厳しい質問に答えさせられる。本人の状況対応力のみならず、倫理性、度胸、誠実さといった人格面も求められる。

⑥グループ演習
上記演習に加えて、出した回答を複数の受験者が持ち寄り、ディスカッションを通じて一つの意見に集約していくグループ演習を組み合わせる場合も。「善意の第三者」であるアセスメントスタッフが受験者の言動を観察し、それぞれの人物に対して評価する。(主張性、説得力、進行力、配慮、他)

<企業の過去問>
①丸紅
●現在の担当業務とその問題点、および
中期経営計画期間中の方向性について、簡潔に説明してください。

●以下の2つのテーマから1つを選択して下さい。
A.丸紅グループとして勝ち残るために何を為すべきか、自由に論述して下さい。現在の担当分野、立場に拘泥する必要はありません。
B.現在の担当分野、およびその周辺分野において、今後当社業績向上のために取り組むべきビジネスの構想について、自由に論述して下さい。

②オムロン
●人事論文例
A.現在の経営構造における労使関係の現状・課題からその重要性について述べなさい。
B.ライン長として、自部門内の人的課題に対する打ち手・行動について述べなさい。
C.あなたの専門領域における人的課題および後継者育成について述べなさい。

●業務論文例
A.部門目標を達成するため、主幹昇格後にあなたが取り組むべき目標を三点挙げなさい。また、その目標を達成するに当たって現状を分析し、重要課題を挙げなさい。
B.重要課題解決のために昇格後あなたが実行する具体的施策について述べなさい。
C.昇格後、経営理念を自身の業務および職場にどのように反映させていくか述べなさい。

●経歴論文例
A.あなたの会社での主な経歴を述べるとともに、あなたの現在保有する「能力/スキル」のどの部分で企業実績に貢献していると考えますか。
B.上記を示す、自身の過去最大貢献事例1件、失敗事例1件について述べなさい。

③ニコン
●自己評価
A.過去3年程度を振り返り、自らが取り組んできた職務のテーマを3~5項目挙げ、
B.各テーマについての取り組み、解決策および会社への貢献度等を自己評価せよ。
C.その中でもっとも力を注いだテーマについて、10分以内で発表せよ。

●質疑応答
A.上記発表後に審査委員が10~15分程度の質問を行なうが、それに適確に答えよ。

④サッポロビール
●ケーススタディー
A.一般的な収益構造の改善策について述べた上で、石井支店長が取った行動の中で、収益管理に関する問題点と改善策を述べなさい。
B.問A.以外で石井支店長の佐々木チーフに対するマネジメント上の問題点は何か、問題となる行動を列挙しなさい。
C.石井支店長はどのようなマネジメントを行なうべきだったのでしょうか。改善点を述べなさい。
本文は割愛。しかし支店長目線、いや支店長を指導する立場の目線が問われる問題。


上記のような社内昇格試験、そのハードルを越えられない中間管理職は、どれだけ実績を出しても経営者まで昇れない。
社内人材に任せられないから、華々しい活躍と成果に彩られた社外人材を経営者として迎え入れる。…

そんな潮流が見受けられるようになってきました。


だからこそ、これら試験科目は―――たとえ平社員であっても―――日頃のエクササイズとして意識しておく必要があるのではないでしょうか。

それは単に:

自分の挙げてきた成果・貢献の見直し、
自分の能力・スキルの棚卸をすることで、
自己付加価値を再定義するだけでなく、

日頃から経営者の目線に立って考え、
組織への提言、警鐘、指針などを自分なりに整理し、
発表の場を得たときに説得力を持って話せるための準備でもあります。


上記のような演習を一瞥したあなたの、
ほんのすこしの意識変化、
日々の小さな訓練、思考習慣が、

骨太の経営者マインドを作る。

それは先述の「暗黙の国際競争時代」の中でも、
自分の領域をしっかり守るための礎となるはずです。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【ホスピタリティ 産業】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【困窮の現代社会】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/