後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【Mind your own Business】
2012-05-21 Mon 19:43
妻との話です。

会話の中、ええ、そうですとも。会話と言ってもかなり敵対的な雰囲気、また話題の中で。
二人の間にあるトラブルの根の一つ、後藤が一番イラつく妻の習慣として、

「後藤が~~だから××」

(If Goto is ~~ then I ××)

と言うのがあります。

「後藤が(妻が一方的にして去っていった)約束を破ったからでしょ」
「後藤がOOさんの夫みたいに優しくないからでしょ」
「後藤の職場がひどいからストレス溜まってんでしょ」
「後藤の給料が安いからでしょ」
「後藤の神さまとの関係が宜しくないからでしょ」
「後藤が… 後藤が…」


……



「いい加減にしろ!お前が一体誰で、

どんな権威があって、

<俺ビジネス>に口出しするのか!」

後藤が殺意を抱いてそう叫ぶほどに、妻は[自分の影響の輪]の外側、夫の対応の悪さばかりを責めるのです。

*そのくせ、妻が後で「反省した。今言われたことをノートに書く。」と言ったまではいいのですが。
「…あれ、何だっけ?もう一回言って」とコイツぜんぜん聞いてねぇーー。




そういえば、神さまも「何を言うべきか分かっていない」ペテロに、たびたびイラっとしていました。

ペテロが感動的な「三顧の礼(=三回、主よ、私はあなたを愛します)」を終えた後。主がペテロの死について、象徴的な予言をしました。

『しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくないところに連れて行きます。』

「まじすかーー」とペテロが思えたかどうか。
たぶん「主に許してもらえたーーー」という喜びにばかり高揚していたペテロ、思わずボアネルゲ×1を指差して、こう尋ねました。

「主よ!この人はどうですかー!」

イエスはペテロに言われた。

『わたしの車で彼が生きながらえるのをわたしが望むとしても、
それがあなたに何のかかわりがありますかぁーー!!!』
(“ぁーー!!!”著者意訳)



こういうおバカ発言って、心の余裕のなさから来るんですかね…?


確かに、自分のこと(この場合、ペテロのこと、妻のこと)を認識し、受け止め、考えるよりも。
誰か他の人のこと(ジョンのこと、後藤のこと)をしゃべっていた方が、気が楽だ。しかも無責任に語れる。私はそれについて、何をする必要もない。苦労する必要もない。ただ面白おかしく語ればいいだけ。

自分ごとじゃないから。


でもそれって、やはり問題の核の部分から逃げているだけなわけで。

[Mind some other people's business(他人ビジネスを揶揄すること)] は面白おかしい。でも、主なる神は常に、『Mind your own talents(あなたに託された宝をしっかり見張り、養え)』と言われている。


他者の批判癖でなく、

「じゃあ自分がその立場だったらどうか」
「自分が彼だったらどうか」

「そしてまず、自分自身のことはどうなのか」

そう内省できる人は、幸いです。

ペテロに対して発したことばから、主が読み取って欲しかったのはそんなことなのかも知れませんね。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【一声で 分かった】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【言われっぱ】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。