後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【日本の 黙示録】
2012-04-21 Sat 00:48
最近示されている…困難について。

地震・津波災害がテレビで公に取りざたされ、内閣府 中央防災会議が

「近い将来懸念される巨大災害

南海トラフの巨大地震(今後30年間に60~80%)、
首都直下地震(今後30年間に70%)、
火山災害、大規模水害等」(*)

と公表して憚らない状況にあって。



これまでにない違和感を感じているのは私だけでしょうか。

そんな中、もし上記のような人類史上稀に見る大災害が「実際起きたらどうなる」という点について、示されたこと。

本日はあまり考えたくない、見たくない。
否、見ようとしてこなかった、意識的に避けてきた、
そんな「日本の黙示」についてお話します。

ほんの少しの知恵が、幾人かでも命を救う手助けとなりますように。

【まず、大前提】
①我々の立っている大地(Assumption)
「日本は世界的にも地震・火山・水害等の災害を受けやすい国」
「日本列島は、3.11以降大きく変化
東日本大震災によって日本列島の応力状態に大きな変化が生じ、他の大規模地震や火山噴火を誘発するおそれ。過去にも同様の事例」
(内閣府 中央防災会議 資料)

②世界の見る目
各都市の危険度指数(*)

RiskPrem.

見ての通り。世界は、日本の異常さに気付いています。
(*『世界大都市の自然災害リスク指数』2004年版「防災白書」より)

③「俺は死なないから」
火事で室内に取り残されようと。
ビルの5Fから飛び降りようと。
運転する車と対抗車が正面衝突しようと。
濁流に呑み込まれようと。
銃で撃たれようと。
火砕流が背後20mtに迫ろうと。
タイタニックが沈もうと。

俺は死なないから。
私は多分生き残るわ。


……
本当にそうですか?

でもね、東日本大震災、またその直後の津波で亡くなった約3万人の方たち。
一人たりとも「自分が死ぬ」とは思っていなかったでしょう。


だから今。少し整理しましょう。
大厄災に見舞われ。かつ、生き残った場合のことを。

【発生から 起き得ること(時系列)】
地震発生より:   起き得ること:

10秒~       建物等倒壊、
          移動中の車両・列車事故、
          地割れ、
          高所よりの転落死、
          落下物により即死。

数十秒~      余震による継続的被害、
          また人災(パニック状態の人波による圧死)等で致命的な傷害を受ける

数十分~      沿岸部~津波到達(特に大潮・満潮時は警戒を要する)
          津波による溺死
          沿岸部の工業地帯壊滅(石油精製・化学プラントなどの燃料は、燃えたまま津波により運ばれる)

数時間~      延焼、火災旋風。倒壊した木造建築物はつまり薪(木片と粉塵)。大炎にとっては車や人間も燃料
          炎を避けるために川に飛び込んだ大多数が溺死(次々と飛び込む人や物による)
          閉所(地下鉄・エレベーター内等)に閉じ込められ、火や水に晒され死亡
          大火特有の黒い雨。冬季なら寒さによる被害

数日間~      海抜0mt地帯、水が引かない状態が続く
          押し込み強盗、暴動、自警団の発生
          外国人・路上生活者などに対する流言、暴力、排除
           エスカレートすると「正義」「自衛」の名の下に制裁、殺人(*)
          食料・水、医薬品などの不足による衰弱死・病死

*関東大震災(1923年)直後、朝鮮人、中国人、社会主義者(当時は異端視されていた)、沖縄などの地方出身者がリンチ、暴行や殺人の被害者となった。Majority(大多数)意識を持っている集団は「自分たちを恨んでいるかもしれない」社会的弱者に対して、彼らからの報復の怖れ・集団自衛の建前を掲げ、「やられる前に」排除することが実際にあったのだ。地震を生き延びても、こうした群集心理の危うさにより喪われる命がありえる。

示された黙示は不吉であり、不気味な物です。

しかしあの「風評・デマ嫌い」の日本政府が、今後起こりうる自然災害の情報開示に勤めている、またメディアを抑制していない。そこを見るだけで、現在の異常さ(=本当にいつ起きてもおかしくない状況)が分かります。

少なくとも平時にあって、自然災害の脅威への心的備えをしておきたいものです。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【福島県 双葉町住民の方へ】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【旧騎西高に身を寄せられた 双葉町住民の皆さまへ】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/