後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【寒椿】
2012-03-23 Fri 22:44
「一つの花のために
いくつの葉が冬を越したのだろう

冬の葉が輝いている
母のように輝いている」


(星野 富弘「つばき」より)



あなたの周囲におられる方。肉親、恩人たち、学友、同僚、上司部下、恋人、敵たち…。

それだけでなく、あなたまでDNAのバトンをつないだ、連綿と続く人類の系図。
先祖の先祖の先祖の先祖の……その中の一人でも欠けていたら、

あなたはいなかった。

かつ、先祖の先祖の先祖の先祖の……、その中の一人を養い、支え、援助した人が欠けていても、

あなたは存在しなかった。

「一つの花」として、今世に咲く私たちのために。

どれほどの人たちが、一体何人の人たちが…。

何千人、いや何万人単位の参加者が、あなたを中心に出会い、語らい、あなたの荷を担いあったのか?

そう考えていくと、私は深い感謝へと導かれるのです。

人の力で何ともしがたいその「運命」の彼方に。

私は 偉大なる神の姿を見るのです。
スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【神の Plan B】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【神の視点の ものがたり】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/