後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【神の視点の ものがたり】
2012-03-23 Fri 19:21
聖書は、その内容を指して「Inspired Word of God」と呼ばれます。
Inspired = 「霊感(のようなもの)に触発されて; 霊感によって書かれた」(By Weblio)とあるように、

聖書は確かに人間が筆記した物ですが、その実態は

「神の霊に導かれた/神によって示された」書なのです。



聖書は全66巻の書物から成り、内旧約聖書は39巻、新約聖書が27巻となっています。作者は約40数名いると考えられ、その記述形式も様々です。(詳しくは<聖書、この偉大なる本>を参照

その内容全てが、

神の民イスラエルの信仰の歩み、
聖人たちの偉業、
「主の戦い」の華々しい勝利、
病や傷の癒し、死からの復活の奇跡、
神の民が、どれほど優れた人々であるか、
それらを導いたカリスマ教祖の教え、
All the COOL things about rightous men and women,

……では、残念ながら ない のです。面白いことに。


そうです。聖書には実に、

勇気のない、移り気で、逃げ腰の…。
そんな「ダメ人間」の記述の方が多いのではないかと思わされます。

そこには、人間の弱さと不完全さが現れ、
状況に揺さぶられ、右に左に道から逸れて進む、
盲目で愚かな人間の姿が描かれているのです。


――――――――――――――――――――――

つまり、単なる一国の歴史書であれば

「絶対書かないこと」

が、聖書には数多く登場します。

例えば、
①祖先の悪行。
アダムとイブの背反、カインの殺人、サライのいじめ、ロトと娘たち(近親相○だわな…)、結局約束の地に入れなかった大多数。
信仰に立ち返ったと思ったら、またすぐ迷い出て酷い目にあった先祖たち。
しかも、それをひたすら繰り返す「学ばない」民。
挙句にアッシリア・バビロニア・ギリシャにローマ帝国により、攻められ、陥落し、捕囚とされた先祖たち…。

②時の権力者、王に対する悪口、批判。
モテたダビデ・妬むサウル王、
ダビデ結局「私は主に対して罪を犯した」。
アハブ・イゼベル「犬がなめたり食らったり」、
ヘロデとヘロデヤ「禁断の結婚」…。

③後の聖人たちの「本当にあった恥ずかしい話」。
女好きサムソン、
「上って来い、はげ頭。上って来い、はげ頭」。
シモン・ペテロ「3回です、はい、3回…」
ボアネルゲス「天から火を下して、焼き尽くしてやりましょうか?ヘェッヘッヘッ」
トマス「信じねー。ぜってー信じねー!!」

……後藤であったら。

①祖先に関してであれば、適当に良いことを書きます。
e.g. 祖先が神々、狼に育てられた、代々純血の一家、栄華を極めたBuke(=武家)の出とか…。
でも聖書は、のっけから「ダメ人間」。これでもか、という愚行と反省の繰り返し。

②王の悪口も、「よく史書から抹消されませんでしたね。」
e.g. 社長が超ワンマン=ビジョナリー経営者、
経営陣の愚策失策=社運を賭けた危機、

そんな風に翻訳されて書かれるのが人間流。
記述者・複製を作った人間たち共に、よく殺されなかったな。

③聖人に関しては、普通、対象を聖化して美徳と善行を中心に載せるよね。
e.g. マザーテレサの愛の言葉、
聖フランシスコの労苦と涙、
マーティンルーサーの勇気…。
反面、聖書の登場人物たち、恐らく自分好みに推敲、編集する権威と能力も持ちながら、恥を忍んでよくそのまま載せたな…。
上って来い、はげ頭…あり得ない。


そうです。
人間の見方、特に当事者たちの思惑を考えれば、変わって然るべきなんですよ。恥の上塗りなんですから。

しかも下手すると未来永劫、その話題を持ちかけられることになる。
天国行ってもやっぱ言われる。見ず知らずの奴から。「あっ!ペテロだ!!」


こうした点で、聖書は既に「人間の視点や打算を超えている」んです。
だからこそ聖書が、人の手を通じてではあるけれども、

「聖霊の働きによって」作成されたことは真実だと感じるのです。

普通の人間が避けること。
カット!してしまうこと。
編集してしまうこと。

それすら、これからの人間の糧として残し、活用してしまう。


たとえ「ダメ人間」でも、
いや、「ダメ人間」だからこそ、

「救いも、希望もある」ということを、

「神の視座」より記述したもの。

それが聖書です。
スポンサーサイト
別窓 | 聖書ってどんな本? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【寒椿】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【そろそろ 飽きませんか】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/