後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【地に落ちた麦】
2012-03-18 Sun 16:23
『まことに、まことに、あなたがたに告げます。

一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。

しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。』(ヨハネ12:24)


主はこう語られました。

それをトポスキリスト教会の炊き出し準備中、
釜から保温庫へご飯を移す際に思い起こしていました。



なぜなら、後藤の所作がへたっぴで、折角炊いたお米を少し床にこぼしたからです。
「麦ではない。だが地に落ちたのだ」


食われる米への感謝、
育てた農家への感謝、
そして何より万物の父なる神への感謝、

そうした全感謝を考慮すると

「落とせるわけがない」お米です。

でも落ちんだもん。Uさんごめんなさい。


さて、落ちたお米が豊かな実を結ぶかと言うと「もう遅すぎるよ…。」ですよね!


だが後藤脳内翻訳では、こうも出ました。

「失敗(落ち米)しなければ、成功(炊き出し)もない」と。

(かつ、ある方の脳内翻訳でも
「失敗を恐れて行動しないことが、失敗である」と出ている模様です。
ちなみに偉人っぽい人でした。)



聖書はまた、こうも語っています。

「朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。

あなたは、あれか、これか、どこで成功するのか、知らないからだ。
二つとも同じようにうまくいくかもわからない。」(伝道者11:6)

まぁ、やってみんさい。と。



人のしない奉仕。
愚かに見える善。
忘れ去られた義。

そうしたものを、
主の目に尊いものを、

たゆまず毎日やろうよ。


後藤が「落ちた米」から得たのは、こんな「豊かな実」でした。

―――――――――――――――

「主よ。私をあなたの平和の道具としてお使いください。

憎しみのあるところに愛を、
いさかいのあるところにゆるしを、

分裂のあるところに一致を、
疑惑のあるところに信仰を、

誤っているところに真理を、
絶望のあるところに希望を、

闇に光を、
悲しみのあるところに喜びを

もたらすものとしてください。


慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、

愛されるよりは愛することを、
わたしが求めますように。


わたしたちは、
与えるから受け、
ゆるすからゆるされ、

自分を捨てて死に、
永遠のいのちをいただくのですから。」

Saint Francisco/アッシジのフランシスコ「平和の祈り」
スポンサーサイト
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【そろそろ 飽きませんか】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【割り切れない】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。