後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【『三位一体』せざるを得ない】
2012-03-18 Sun 13:35
「ちち~みこ~みた~まの~
おおみかみに~

ときわに~たえせず~
みさかえ~あれ~

みさかえ~あれ~…」

と、讃美歌541番にあるように。


「キリスト教の神は唯一神ですが、

父、御子、御霊と、

3人います」


→ …こう言われて躓(つまず)く時期が、誰にもあります。



神は一人。

でもその影響範囲/支配されている領域と、人間の知覚のできかたによって、役割が違う。MECEで分けると、

その役割が三種類。

と言えるのかも知れません。


父なる神は、その役割の内の「知覚不能」部分を。

つまり万物創造の主権者、全宇宙の運行者としての神。
全てを被い、全てを把握し、全てを司る方。

超新星爆発~宇宙創造を始めとし、
マントル対流、オゾン層どうする?
小鳥の餌やりから、
百合をキレイに咲かせる、
後藤の髪の毛を数える、
リバイアサンを散歩させる他、

ミクロもマクロも対応。という人知を超えまくっている方です。我々が「何となく」「いるんだろうな」と思っている方でもあります…。

その方についてのアウグスティヌスの言葉「神の偉大さと完全とは説明し尽くすことができない」(「告白」)とは真理なのです。

御子なる主イエス・キリストは、その配役の「目で見え、手で触れられ、知覚し得る」部分を。

人の身体を持ち、地上に降りた神のひとり子という名目ですが、神です。
ただし同時に、主は「どうしようもなく人間であった」。

罪こそ犯しませんでしたが、人としての

痛みも苦しみも涙も、
悲しみも孤独も絶望も、

全て持っておられた。そんな方です。
遠くから見て、「人間、愚かだな…」と突き放している方でなく。
ご自身で、私たちの通される人生の矛盾や苦悩を体感し、理解され、なお超えて行かれた主です。
その上で、

「わたしはあなたを愛している」とあなたをすくい上げ、

「わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。 そうすればたましいに安らぎが来ます」と教え、

「わたしがあなたを愛したように、あなたの隣人を愛せよ」と生きる指針を与えてくれる方です。

まさに「あなたの御子の人性を通じ、その宣教者の奉仕を通じて、私の内に(信仰を)吹き込んで下さった(アウグスティヌス)」と言うに相応しいお方なのです。

③そして、上記①②の存在と教えを我々の心に刻みつけ、永続化させるのが聖霊なる神です。

私たち一人一人の心の中にお住まいになり、御子の再臨までの期間、地上に生きる私たちを導くガイド。
主イエス・キリストをして、「弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」と語らせた神の息吹です。

そして、後藤の不信仰によく泣かされている方。



そんな

「一人の神、三つの役割」

が、私たちの理解できるように捉えた「三位一体の奥義」と言うことなのです。


神さま。全てはあなたの理解と、理解不能のために。

三位一体でいて下さって、ありがとうございます。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【限界状態だからこそ】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【Euro危機の足音】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。