後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【福島第一原発 被災者の皆さまへ】
2012-01-25 Wed 23:03
3.11の震災・津波・原発事故を受けて。
一時避難先のさいたまスーパーアリーナより、ここ加須市の旧騎西高校へ避難されて来た双葉郡双葉町の住民・町役場の皆さん。

いまだ大変な現状を聞くに、かける言葉すら見つからない状況です。
広いとはいえ5世帯20人もの同居人たちがいる教室で。帰る場所を喪ったご高齢者たちの、内なる悲しみは想像するに堪えません。

-----------------
そんな彼らを官僚たち(野田総理とは敢えて言わない。全ての方針・決定事項は官僚から発せられるからだ)は軽率な言動で苦しめている。

原子炉より蒸気が止まらないにもかかわらず、<冷温停止状態>と捉えた「収束宣言」を出してしまった東電幹部・野田首相。
避難区域を再編し、放射線量によっては避難指示を解除し帰還可能とする(!)旨の示唆。
反面、傷んだ土地を更に傷める「中間貯蔵施設(放射性汚染土壌を保管)」を双葉町に作るとも。…
-----------------

もし俺が双葉町住民の一人であったなら。
頼れるものなどありゃしない。
日本政府?国民一人一人の権利?

否、否…!



でも、「政府が悪い。国家が悪い。社会正義はどこへ行った?」
そんなことをのたまう後藤に、主権者である神さまから一言ありました。

『今回の度重なる災害(地震・津波のみならず、続いた台風や大雨等…)は、

Wake-up Call(目覚ましコール)だ。


日本人に対して、ではない。
クリスチャンに対して、でもない。

あなたに、後藤に対しての Wake-up Call だ。』





……

そうですね…。

何事も先送りし、行動しない言い訳ばかりをしてきた。
涙もろく感情に左右され易い後藤が、口先だけの同情や共感で誤魔化してきた。

そのくせ独りの時間を下らない secular なことに費やし、自分の言行不一致を「…誰も見ていないさ」としらばっくれてきた。

『おい、後藤。

あなたは従うのか。
従って、本当にわたしの羊たちを護ろうと願うのか。』

そう神は指摘されました。

『お前の望む<夢物語>のような理想でなく、
わたしの<現実>は心身を削るものだ。

あなたは自分の血を流す覚悟があるのか。

本気でわたしに信頼し、わたしを愛すると誓うのか』


『醒めなさい。お前の中の怠惰から。
起きて、立ちなさい。もう一度。

躓くのなら、何度でも付き合おう。

あなたが本当に明け渡せるようになるまで…』

他の誰でもない、私のAwakening。

『目を開け。現実を見よ。
あなたの目の前で、血を流す者がいる。
あなたの眼前で、いのちを喪う者がいる。

救い出せ。
救い出せ。

彼らの出血を止め、
彼らの止まった心臓を動かし、
彼らのいのちを穴から救い戻せ。』



今日の、騎西高校訪問を経て。
再びこうした『神の声』を聴きました。




「捕らえられて殺されようとする者を救い出し、

虐殺されようとする貧困者を助け出せ。

もしあなたが、「私たちはそのことを知らなかった。」と言っても、

人の心を評価する方は、それを見抜いておられないだろうか。

あなたのたましいを見守る方は、それを知らないだろうか。

この方はおのおの、人の行ないに応じて報いないだろうか。」(箴言24:11~12)
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【双葉町市民の皆さま 現状】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【競売物件の入札価額 計算書】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。