後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【主語:OO】
2012-01-22 Sun 08:20
妻との夕食後の会話の中で。

本日積雪だったこともあり。
トポス キリスト教会はそんな悪天でも炊き出しをする(=お弁当配布のみ)こともあり。
日本語の100%ではない妻が、男性中心のトポス教会員の方たちと、うまくやって行くことの困難もあり。
そして何より。旦那が仕事で急遽、炊き出しの手伝いを休まざるを得ず、妻一人での参加になったこともあり。

当初、様々な不満が噴出しておりました。


「天候が悪い」
「家が(駅から)遠い」
「あんた(=旦那)には、私にとって炊き出し準備がどれほど大変か分かっていない」
「OO牧師は私が毎週参加することを求めていない」
「OOさんが私は日本語が下手だって言った」
「屋外で寒かったのに、他県から来た人が牧師との話を長引かせた」

「OO牧師(*トポスの比留間牧師ではない)は自分の群れさえ一人一人省みようとしない」
「OO教会の信徒たちはぬるま湯。教会内の役職に恋恋として実際の神の働きは何もしていない」……
Etc.、etc.。

そんな感じで、いつまでもつらつらと述べる妻の傾向。

【突然ですが、ここで質問です】
上記に不幸の芽が隠れています。
その芽が何か、もうご理解頂けましたでしょうか。

ヒントは「この記事のタイトル」です。








……


そうです。

それぞれの文章の主語が、

環境であったり、
物理的なことであったり、
礼儀知らずの日本人全般であったり、

悪の権化、旦那であったり、
OO牧師であったり、
OOさんであったり、
OO教会の信徒全般であったり。…


つまり、主語が「私」ではないんです。

全ての面で、
自分の「影響の輪」の外のことを主語にして、不満を言っていたのです。

そこには、
「OOが悪い」
「だから、自分の理想を達成できない」



「私はこの状況の被害者である」
「私は悪くない。周囲が悪いんだ」

という、根強い被害者意識があります。被害者妄想と言えるかも…。

その実。
自分が「被害者で甘んじている」根本原因は、自分そのものの「足かせ」、つまり「思考習慣」であるのに…。

--------------

私たちが自分の人生を自分らしく、
また創造主である神に喜ばれる者として生きるために。

私たちの想いの中、また言葉の中で使える主語は、
実は、二つだけなんです。

一つは、主語「私」。
私はどう思うか。
私はどうしたいのか。
私はどう受け取るのか。
私はどう成れば納得できるのか。
私はどうすればこの障害を取り除けるのか。

そこには、
「人生の責任は自分に掛かっている」
「私には自分の影響の輪の中で、改善できることがある」
という、強い自負があるのみです。


そして、主語「私」以外に、もう一つだけ。
それは一体何だと思いますか。





そうです。
それは主語「イエス・キリスト」。

主ならどう思うか。
主だったらどう動くか。
主であればどう受け取るか。
主は現状がどう成れば納得するのか。
主ならばどう障害を取り除くだろうか。

ということです。そして、主がこの地上に存在し、
私の身体を介して、この地上に働きかけようとしている。
私の人生を用いて、主の御心を天になるごとく、地にも成させようとしている。

じゃあ、私は従わなければ駄目じゃん。

そんなことを常に思いつつ、願いつつ、耐えつつも。
生きるのがクリスチャンだと私は思っています。



最近は対立を恐れず、私は妻の悪習慣に対して自分の姿勢を明言するようにしたのですが。

上記のようにピンポイントで主語NG を挙げていくと、
妻も少し、その傾向が自分で見えてきたのかも知れません。

普段ない、話中に考える様子が見えたのです。

本人が半世紀近く続けてきた思考パターンを、
ある意味180度転換することには、おそらく時間が掛かります。

しかし、その矢印の向け先を
「他人」や「環境」と言った物から、
「自分」へと切り替えていかないと、

生涯、不幸なことばかりなので。

主のしもべを自認するなればこそ、
がんばれ、妻。

私は、悪の権化として出来る限りのことをしようと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【ある 美しい朝】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【おっさん 待ち受け】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。