後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【バリバラ】
2012-01-12 Thu 16:36
NHKのバリアフリー・バラィエティ。通称バリバラ。

バリアフリーバラエティ!バリバラ!

その出演者の一人で、大橋グレースちゃん。という方がいます。

番組のホームページで確認すると、多発性硬化症という難しい名前の病気を持ち、しかもハーフなんでしょうか、外見は白人の女性です。他の出演者に混じって、彼女が車いすで番組のアンカー役を務めているわけです。



しかし前回の放送(=昨年12月)を見て、さすがにびっくりしました。
というのも、グレースさん、酸素吸入しながらやってんじゃんよ。

プロデューサー:本番で~す。
なに?グレースちゃん体調悪い?! じゃあ酸素吸いながらやる?

ひどくね~!?それ。

と、一時番組批判になりかかりました。


しかし、たぶんそこには彼女の体当たりのメッセージもあって。

障害はある。
トラブルもある。
体調不良もたまにある。

でも人間はがんばれる。

私のこの姿を見て、
がんばろう、
と思う人が必ずいる。

そんな祈りを込めた、彼女の出演だったのではないでしょうか。

大橋さん。
その時あなたは確かに、ファンを一人獲得したのです。


「バリバラとは:

日本(にほん)のテレビ史上初(しじょうはつ)の障害者(しょうがいしゃ)バラエティー番組(ばんぐみ)…それが「バリバラ」。
バラエティーを通(とお)してバリアフリーを考(かんが)えたいという願(ねが)いを込(こ)めて名付(なづ)けました。

司会(しかい)の玉木(たまき)幸則(ゆきのり)さんは「僕(ぼく)らもふだん、障害(しょうがい)をネタに笑(わら)ったりおもろいことをやったりしている。
バラエティーから見(み)えてくる福祉(ふくし)の問題(もんだい)もある」と言(い)います。

「笑(わら)われるのではなく笑(わら)わす」…「バリバラ」はある意味(いみ)、実験的(じっけんてき)かつ挑戦的(ちょうせんてき)な番組(ばんぐみ)です。

障害(しょうがい)のある人(ひと)もない人(ひと)も、一緒(いっしょ)に笑(わら)いながらバリアフリーについて考(かんが)えてみませんか。 」(NHK きらっといきる HPより参照)
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【人生目標】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【表現下手】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/