後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【人前で話す・一考】④
2012-01-01 Sun 01:29
ディール・カーネギー著「カーネギー話し方入門」(創元社 1984)より抜粋

第四章「記憶力を増進する」のまとめ:

①著名な心理学者カール・シーショア教授はこう言っている。
「平均的な人間は、記憶と言う能力を10%以下も使ってはいない。残る90%分は、自然に逆らって無駄にしているのである」

②“記憶についての法則”とは、「印象」「反復」「連想」の三つである。



③記憶しようとする事柄を、深く、生き生きと自分の心に「印象」付けることが大切だ。そのためには、

A.集中する。セオドア・ルーズベルト大統領の記憶力の強さの秘訣がこれだった。
B.入念に観察する。正確に物事を自分の心に印象付けること。霧の中では写真が撮れないように、心の中に霧がかかっていたら、ちゃんとした印象なども残るものではない。
C.五感を駆使して印象を刻み付けること。リンカーンは覚えたいと思ったものは何でも声を出して読み、目と口、そして耳から印象付けるよう心がけていた。
D.何よりも自分の目で見ること。視覚から得た印象は、しっかりと心に焼き付くものだ。目から脳に通じる神経は、耳から脳へのそれと比べて25倍もあるとか。マーク・トウェーンは、メモを使ってスピーチしていたころは、スピーチの大筋を覚えることは出来なかったのだが、メモに代えて絵を描いて覚えるようにしたら、たちまち覚えることができるようになった。(=マインドマッピングに近いメモ)

④記憶術の法則、その二は「反復」である。コーランを全暗記すると言うイスラムの学生たちも反復と言う方法を採る。反復さえ繰り返せば、大抵の文章が覚えられるものだ。以下がそのポイント。

A.ただ座り込んで、ひたすら繰り返していても仕方がない。まず1~2回ざっと読んで、やめる。しばらくしてからまた読む…。そんな調子で間隔を置いて繰り返すと良い。かえって覚える時間や労力が短くて済む。
B.何かを暗記した場合、それを忘れる度合いは、覚えた直後の8時間とそれ以後の30日間では、さして変わらない。スピーチをする時も、直前にもう一度原稿を見て、自分の記憶を新たにしよう。

⑤記憶術の法則、その三は「連想」である。覚えたい何かを、他の覚えやすい事柄と関連付けると良い。ジェームズ教授はこう言っている。

「何事であろうと、自分の頭に浮かんだ物のすべては、外へ導き出されなければならない。その場合、それらは何かの連想を通して導き出されるのだ。だから、訓練された記憶力と言うものは、組織化された“連想システム”と言えるだろう。よって覚えておきたいと思う事柄との間に、いかに数多くの連想が出来るか―――結局、どれほど深く考えることができるか、によって、その人が優れた記憶力を持っていることになるのである。」

⑥何か一つの事柄と他とを関連付けようと思ったら、その事柄をあらゆる角度から検討してみることだ。次のような自問自答をしてみると良かろう。

A.なぜ(そうなのか)
B.どのように(そうなったのか)
C.いつ(のことか)
D.どこ(で起きたことか)
E.だれ(がそう言ったのか)

⑦初対面の人の名前を覚えるには、その名前について本人にいろいろと聞いてみることだ。そして外見をよく観察して、名前と結びつけてしっかり覚えていこう。職業は案外覚えやすいものなので、名前との語呂合わせで覚えるのも悪くはない手段である。

⑧日付や年号を覚えるには、すでに頭の中に入っている有名な日付に関連付けると覚えやすい。たとえば、シェークスピアの生誕300年は、アメリカ独立戦争と同じ時期―――という具合に。

⑨スピーチの要点を覚えるには、それを論理的な順序で整理し、次から次へと自然に思い出せるように工夫する。この他、要点をつなぎ合わせて他愛のない文章を作り上げ、記憶の一助とすると言う方法もある。「牛が葉巻を吸い、ナポレオンを一杯ひっかけ、家が宗教とともに焼け落ちた」―――馬鹿げた文章のほうが忘れないのだ。

⑩準備万端整えて壇上に立ったというのに、スピーチの途中で絶句してしまうと言う状況もあろう。“度忘れ”である。このような場合は、絶句する直前の文句、単語を言って、何気なく話し続けることで危機を脱出できる。
この要領で話を進めていく内に、本来のテーマを思い出して、きちんとつじつまを合わせることが出来るはずだ。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【人前で話す・一考】⑤ | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【人前で話す・一考】③>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。