後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【嘘】
2011-12-13 Tue 15:11
後藤が子どものころ。絵本やTVからの洗脳で

「インディアン、嘘つかない」

というコンセプトを植えつけられました。
(*同時に、中国の方は「~あるね」「アイヤー」と話す。)


そうです。
インディアンは、絶対嘘をつかないはずです。どんなことがあろうとも。

商売で、若干探られたくない腹があったとしても、
合コンの席で、彼女いない暦を聞かれたとしても、
例え敵部族に息子を人質に取られようとも、

嘘はつきません。



そう信じていたわけです。

しかし、人間生活を長く続けるうち、
「そんなことはあり得ない…」と、人の本質を理解できるようになりました。

はっきり言って、インディアンも嘘をつきます。方便です。White Lieです。
特に奥さんの前では、嘘を語らざるを得ない場面があるはずです。

自身「思ってもみないこと」を口にすることが。


というか、もし軽口の一つ、嘘の一つも言えなければ、

①全くの無言生活、社会性なく山奥で仙人暮らし
Or、
②口論となった場合、どちらかが死ぬまで戦う

より、選択肢がなくなると思うからです。

よって。
ネイティブアメリカンの方、ある種インディアンに対する挑戦状のような記事ですが、ごめんなさい。


敢えて言おう。

「インディアンも嘘はつく」

「だって、人間だから…」

【その反面】
嘘のない、また永遠に変わらない物が、一つだけあります。

それは、聖書に記述されている神のみことばです。

また、あなたに、私に示され語られる、創造主である神の意思です。


そこには、嘘偽りは一切ありません。

人間は過つけれども、

「神は、間違いない。」
「神さま、嘘言わない。」

この疑い深い後藤にさえ、そう断言させてしまう神さまなのです。

覚えてください。
その神さまが、あなたのことを指して、こう語っていらっしゃるのです。

『恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。
わたしはあなたの名を呼んだ。
あなたはわたしのもの。

あなたが水の中を過ぎるときも、
わたしはあなたとともにおり、
川を渡るときも、あなたは押し流されない。
火の中を歩いても、あなたは焼かれず、
炎はあなたに燃えつかない。

わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。』(イザヤ43:1~2、4)

『胎内にいる時からになわれており、
生まれる前から運ばれた者よ。
あなたがたが年をとっても、
わたしは同じようにする。
あなたがたが白髪になっても、
わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。
わたしの救いは遅れることがない。』(イザヤ46:3~4、13)

「神さま、嘘言わない。」

あなたも今日、 Amen(神さま、間違いねぇ!)
と言えましたか。
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【全て 積み上げ】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【300人分のご飯】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。