後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【ハンマーがない】
2011-11-22 Tue 10:37
最近の祈りの課題に対して、夢で与えられた手がかり。

庭(広場)へと続くサッシのドアを広く開け放ち、母が日向ぼっこをし、私が道具箱をいじっていた時のこと。
広間にいつの間にか、アフリカ系の方でしょうか、3人ほどが集まり、何かの機材を直そうとしていました。

そして、人影を認め母の方に歩んでき、話しかけます。しかしやはり言葉が通じないため、後藤に出番が回ってきました。
夢の中でのことです。言葉が正直英語であったのか、それ以外の言葉であったのかは不明ですが、とりあえず相手の「ハンマーを貸してくれないか」というメッセージは理解できました。



そこで道具箱内を探します。4段の木製の道具箱で、実に様々なものが入っています。しかし、残念なことにハンマーはありません。あった(夢でなく、現実の道具箱には入っている)はずなのに…

では、切り替えて代替品を探します。何か重くて、打ち付けられるもの。バールやレンチでも叩けるかな…?
しかし道具箱と相談しても、そうした適切なツールがないのです。仕方なくノミを、恐らく石切用なのか、鋼鉄の大ノミを手に取り、来客に対して「これでどうだ」と示している…。

そこで夢は途切れ、目覚めたのです。

【天の人材不足】
ハッと思わされたのは。ああ、これは私の悩みに対する啓示だ…。ということでした。
現在、自分のライフプランに加えて、2件の迫りを受け、悩んでいたことの解です。

つまり「後藤では本当の適材適所ではないかもしれない」という役割について求められ、それに即応できない自分がおりました。
祈りつつ、さまざまな言い訳を模索してきた時期でもありました。

しかし、示されたのは2点。
①ハンマーは不足していること。
②ノミであっても、利用するかしないかを決めるのは使用者本人(上記のアフリカ系の方たち)であること。

①そうです。この場合の「ハンマー」、つまり「もっと素晴らしい人材」がたくさん召命を受けて、クリスチャンの第一線で活躍されればいいのです。
ハンマーがあればノミの出番はありませんから。

しかし、居ないのです。いや、居ても前線に出てきて下さらないのです。
だからある物を工夫して使う羽目になります。上記例えでも ノミで釘を打とうとすれば、手を傷つけるかも知れず、対象である機材を無駄に壊してしまうかも知れない。そんなリスクを取ってでも、使用者が「使う」と決めれば、ノミはハンマーとして活きるのです。

【あなたも召されている】
そうです。この記事を読まれているあなたも。

神さまはあなたの名を呼んで、召されています。
天の御国へ。そして、天の御国を地上にもたらす主の働きへと。

あなたは:
エンピツかも知れない。
包丁かも知れない。
ぬいぐるみかも知れない。
スコップかも知れない。
トルクレンチかも知れない。
マウス、爪きり、ロープ、ヘッドフォン、地図…。そんな存在かも知れない。

でも、神が「この人を、この用途に」と決められたら、「問答無用にそれは成る」のですから。

一歩一歩神に聴いて、歩んでいきたいと思うのです。
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【俺では 無理】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【喪失】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。