後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【マザーテレサからの便り】II
2011-09-18 Sun 20:28
【祈りについて 一考】

「生活の中に色々なことが入り込むので祈れない、と言い訳をする方がいます。

そんなことはあり得ません。

祈るために、仕事を中断する必要はないのです。仕事を祈りであるようにし続ければよいのです。

黙想をいつもしている必要もなければ、神と語っていると意識する必要もありません。どれほどそれが素晴らしい体験であるにせよ、大切なのは神と共にあり、神と共に生き、神の御心を自分のものとして行なうことなのです。清い心で人々を愛し、全ての人、特に貧しい人々を愛することが、間断ない祈りになるのです。」

<途中で 後藤一言>
賛成。
「私毎日4時間は祈ってます」ということを、自身の信仰の証のように語るよりも。
どうか奉仕の中、あなたの働きの中で、主の声に耳を傾けさせて下さい。
あなたの御旨をお話し下さい。私はそれを喜んでいますから。




「神さま、なにとぞ私を、世界中に散らばっている兄弟姉妹、貧しく生き、誰にも看取られることなく死んでゆく人々に奉仕するにふさわしい者にして下さい。私たちの手を使って、援助を必要とする人たちに、今日必要な糧をお与え下さい。そして、私たちの愛を使って、平和と幸福を彼らにもたらしてください。」

<マザーテレサの修道院で、シスターたちが心に刻む祈り>
「イエスさま、私がどこにいても、あなたのかおりを放つことができますように、私を助けて下さい。
私の心をあなたの霊といのちで溢れさせてください。私の存在に浸み透り、私を捉え尽くすことによって私の生活の全てが、ひたすらあなたの光を輝かすものとなりますように。

私をあなたの光を輝かせるものとしてお使い下さい。私が出会うあらゆる人々が、私の中にあなたの御姿を感じることができますように、私の内で輝いて下さい。

主よ、人々がもはや私ではなく、あなただけを見ますように。私の内にお留まり下さい。そうすれば私があなたの光で輝き、私の光で他の人々も輝くことができるのです。

主よ。光は全てあなたからのもの、ごく僅かな光でさえ、私のものではありません。あなたが私を通して人々を照らしておられるのです。
私の周囲にいる人々を照らすあなたへの賛美を、私のくちびるに上らせて下さい。言葉でよりも行動で、私の生き方、あなたから与えられる私の主への愛が、目に見える光となって、あなたを人々に宣べ伝えることができますように。」
(カーディナル・ニューマンの祈り)

「何かを下さいと神にお願いする時、同時に寛大な心にして下さいという祈りもしましょう。」

「私たちの言葉などどうでも良いのです。大切なのは、私たちを通して神が魂に語りかけられることだけなのです。」
スポンサーサイト
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<【マザーテレサからの便り】III | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【マザーテレサからの便り】>>
この記事のコメント
#617 マザーテレサさんのこと
題 : マザー・テレサさんのこと
.
 マザー・テレサさんが、初めて、インドの社会に入って行っ
た時は大変でした。
 彼女にあったのは自分の志(こころざし)だけ。
 彼女を受け入れたのは、インドの「ヒンズー教の方たち」で
した。
 彼女の活動のための家を貸し、彼女の活動のための手助けの
人達が駆け付けました。
 元々、マザー・テレサさんのやりたい志の事は「ヒンズー教
の方達はしていました」。
 だから、正確に言えば、「マザー・テレサさんが、志を同じ
くする人たちの中に入って行った」なのです。
 ヒンズー教の方達は、多神教。
 イエス・キリストやマリアもヒンズー教の神々の一人として
いる宗教。
 この様な宗教教義の面からも、マザー・テレサさんもスムー
ズに受け入れられました。
 一神教のキリスト教には「異教徒を殺せ」の教義がある様に、
異教徒を忌む宗教ですので、この様なスムーズな受け入れとは
ならなかったでしょう。
 マザー・テレサさんは、最初、キリスト教からは、まったく、
孤立無援。
 手助けはヒンズー教の方達だけでした。
 彼女が、アメリカの映画の題材にされ、注目されるようにな
って後、キリスト教が、今までは何も彼女に注目せず、手助け
もしなかったが、世界の注目を集める様になってから、彼女と
行動をする様になった。
 今、キリスト教は、彼女を「広告塔」にしていますが、そし
て、ヒンズー教の方達は黙っていますが、真実は、この様な経過
をたどった。
 マザー・テレサさんが「ノーベル平和賞」を受賞しましたが、
同時に「ヒンズー教の方達も受賞すべき」でした。
 ノーベル賞選考委員はキリスト教徒だけ、その点、「お手盛
り」となった。
 インド政府は、彼女が亡くなられた時、国葬として大きな葬儀
を行ないましたが、キリスト教組織にも、この様な、大きな度量
が欲しいところです。
 また、彼女のキリスト教は、ビンズ‐教との共同生活から宗教的
にも影響され、彼女独特のキリスト教となっている。ヒンズー・
キリスト教とか、テレサ・キリスト教と呼ぶべき形となっている。
参考URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
  URL: http://32983602.at.webry.info/
2012-08-08 Wed 12:48 | URL | 今田 遥 #4fB9XOpA[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。