後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【世界で最も裕福なビジネスマンたち】
2011-06-22 Wed 10:01
ロバートキヨサキ氏著「Rich Dad, Poor Dad」より

世界でもっとも裕福なビジネスマンたち
1923年、シカゴのエッジウォーター・ビーチ・ホテルに、ビジネス界のリーダーや大金持ちのビジネスマンが集まった。

出席者の中には、メジャーに属さない鉄鋼会社としては最大の会社を率いるチャールズ・シュワブ、
世界最大の共益事業会社(エジソンの秘書としてアメリカの電力業界の基礎を打ち立てた)の社長サミュエル・インサル、
世界最大のガス会社の社長ハワード・ホプソン、
当時世界最大の会社の一つだったインターナショナル・マッチの社長イヴァー・クルーガー、
インターナショナル・セトルメンツ銀行の頭取レオン・フレーザー、
ニューヨーク株式取引所の社長リチャード・ホイットニー、
株式投機家の二台巨頭アーサー・コットンと
ジェシー・リヴァモア、
ハーディング大統領の内閣の一角を担っていたアルバート・フォールらの顔があった。


25年後、この9人は次のような末路を辿った。



シュワブは自分の欲を満たすための浪費、ギャンブル、浮気、パーティなどで個人資産(現代の評価で約8億ドル)を食いつぶした。1929年の大恐慌が起きる前に既に破産への道をまい進していたシュワッブは、1939年、貧しいアパートの一室でその生涯を終えた。税金を納めることもできなくなり、借金取りが抵当に取った彼の屋敷は、破格の競売価格にも関わらず買い手がつかなかった。

インサルは独禁法で追い詰められ、アメリカよりパリに移住(逃亡)、心臓の病を負いながら貧しい生活を送った。最後はポケットに30フランを残して、地下鉄の駅で心臓麻痺により死亡した。

ホプソンは”投資の魔術師”と持てはやされたが、大恐慌に敗れた後、株主からの訴訟を受け刑務所に。その後精神を病んで長期療養施設で亡くなった。

”マッチの王”クルーガーも、ギャンブルに、投資に、映画産業にと名を馳せたが、最後は銃を頭に突きつけての自殺だった。
フレーザーも同様、拳銃自殺でその生涯を閉じた。

ホイットニーは横領事件で敗訴しシンシン刑務所へ。その後生涯にわたり、証券取引への参入を禁じられて静かな余生を送り、1974年、一般人として自宅で息を引き取った。

”小麦の相場師”コットンは、大恐慌後破産し、その心的負担からか変死したと言われる。

”ウォール街のグレートベア”リヴァモアも、成功~破産のサイクルを4度繰り返した後、ホテルの一室で「自分の人生は失敗だった」と書かれた遺書を残し、ピストル自殺を遂げた。

海軍保有の油田を競売にかけ、私企業から賄賂を受け取っていたフォールは、刑務所で1年服役した(米国 閣僚初の服役者)。訴訟まみれ、借金まみれの老後、長い病を患った後1944年に死亡した。

【Lesson Learned】
この世の富、
自分自身の能力や知恵、
与えられた立場や権力。

その時代の寵児として、
人間から与えられた名声や、
メディアの関心。

そんなものを獲得するのに汲々とし、
べったり依存して、
自分の心の欲望ばかりを野放図に拡大させていけば。

どんな人間でも、堕ちる。

サタンの力は、欲に取り憑かれた人間には絶大な効果を顕すからです。
スポンサーサイト
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<破戒があるから 悔い改め | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【父の日】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。