後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【日本人にも しっくり来る②】
2011-06-16 Thu 00:26
2.「偉くて」「強くて」「遠い」人ではない

実際、キリストさんはその対極と言えるでしょう。

だって、
「フツーで」
「(自分の死に際しても、トコトン)無力で」
「あなたの傍に居る」

神なので。



「俺は凄いよ」とあらゆる地上的観念で印象付けようとするS学会代表 T.I.さんとか、
「悟っちゃいました」と広言する輩とか、
謙虚を装いながら「カリスマですけど~」と、キリストではなく自分を売り込む牧師さんとか、

自身を高く上げ、見栄を張り、コネを自慢し、有能さを鼻にかける方が、この世には居ますが。


鼻で息する「所詮人間」が、何を傲慢なことを言うのか。


言っときますが、

イエスさんは神でしたけど、

 社会的に排除されていた人、
 病気や障害をもっていた人、
 自己価値の低かった人に、

ひたすら寄り添いました。

ティベリア(ローマ式建築の、金持ち邸宅街)には近寄りもせず、
宗教の主流であるサドカイ人・パリサイ人に阿(おもね)らず、
当時の権力者であったピラトやヘロデに屈せず、

ガリラヤ湖の周辺都市で、ひたすら貧しく学のない漁師や農民に福音を伝えたのです。
弱くて心貧しい私たちの傍にいつも、居ようとしてくれたのです。

そして、

「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。
わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、
その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」ヨハネ7:37~38

と言ってくれたのです。


後藤も弱くて、無知で、迷っていて、臆病なのです。
そんな私に、自ら近寄ってくれたのが主イエス・キリストなのです。(つづく)
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【日本人にも しっくり来る①】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【日本人にも しっくり来る③】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/