後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【隣人と なる】
2011-03-15 Tue 11:16
新約聖書の記述、イエス・キリストの発言に下記があります。

ある律法の専門家(つまり、イエスのあらを探して糾弾しようとする組織の構成員)が、『隣人を愛せ』と言ったイエスに対して、「では、わたしの隣人とはだれですか」と切り替えした場面で。

彼に向かって主はこう答えられました。有名な「善きサマリア人」の例話です。

『ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。
追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。

ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。
同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。

ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、
近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。

そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。
『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』

さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」

律法の専門家は言った。
「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。
「行って、あなたも同じようにしなさい。」(ルカ10:25~37)』

【隣人となる】

ここで大切なのは、民族や宗教、慣習と言ったしがらみを越えた友情であり、支援であることはもちろんです。
しかしもっと大切なことがあります。それは、

『自分からすすんで』
『隣人となる』ということです。


話は少し飛びますが。
聖書原文の記述の多くが、『あなた』に対して語りかけられているのをご存知ですか。
十戒をとっても、全文『あなたがたは~せよ/してはならない』とは書いてありません。

『(他人はどうあれ、神との契約に従って)あなたは~せよ/してはならない』と書いてあるのです。

この事実を上記の隣人の話につなげて考えると。

『周囲がどうあれ、相手がどうあれ』
『あなたは』
『自ら進んで』
『隣人となりなさい』

そういうことを、イエス様はおっしゃりたいのだと思います。

【完璧な友人】
「完璧な友人は、探しても絶対に見つかりません。」
「完璧な配偶者も同様に、探しても居りません。」
「完璧な学校、完璧な居住地、完璧な勤め先も、この地上に存在しません。」

なぜでしょうか。

それは全て、その動機の中心たる人間の「エゴ」のためです。

それに対して、主イエスの示した解法はシンプルで、かつ全ての状況を刺し通します。

主は上記の例の中でも、こう仰っています。

「自分から、善き友人になりなさい」
「自分から、善き配偶者となりなさい」
「自分から、善き生徒、善き住民、善き従業員となりなさい」と。

もちろん、「完璧な」者にはなりえません。人間ですから。
しかし、自らそう努力することで、小さいながらもより良い人間関係を築き、より良い居場所を作っていくことはできます。

自ら、【善き隣人になる】ことを選び、行動することで、
私たちはその人生を、天の御手に委ねた生活ができるのです。

何事も、主に栄光を帰して生きましょう。

救援隊

主よ。被災現場で活動する全ての働き手の上に、あなたの護りと導きがありますように。祈
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【舟が揺れているときこそ、主にあって平安を】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 核の扉 未だ閉じず>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。