後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
「隠れキリシタン」
2010-12-07 Tue 23:24
1549年、フランシスコ・ザビエルによって、初めて日本にキリスト教が伝道されました。

当時の織田内閣のときは、西洋文化の流入とともに大らかに許可されていたキリスト教ですが、その次の代の豊臣秀吉になると状況が変わります。1587年に発布されたキリスト教禁止令、それに伴う弾圧と迫害は、根付いた主の愛の教えを、完全に歴史の表舞台から一掃するほどの圧力があったのです。

その禁教が解かれたのが1873年(!!)。明治に入ってからのことです。

ということは、我々のクリスチャン先祖たちは、実に約300年間も「隠れキリシタン」として、表面的な従順と、非暴力の精神によって生き抜いてきたのですね…。

捕まったら拷問を受け、処刑されることも否めなかった時代でした。信仰を試される不幸がその身に降りかかった時には、わが身を呈して御教えを護ってきたのでしょう。代々、親から子、子から孫へと伝え続けて…。10、20代にも及ぶような世代交代を経ながら、脈々と存在し続けていたわけです。

そして、1865年。

浦上の天主堂の建築許可が下りると、十数人の人が現れて「聖母マリア様の像はどこですか」と聞いたそうです。

彼らは、何と300年もの間、在野に潜伏していた「隠れキリシタン」の末裔たちだったのです。



上記、どこかの信心深い、外国籍の方の話ではないんです。

静かに、長く、信仰の炎を絶やさずに来た、私たち日本人の先祖たちです。

その、創造の主を信じ、殉ずるDNAを、私たちは内包していることを覚えていて欲しいのです。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<勉強ノート:プロテスタント | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 狂気とは>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。