後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
「お年寄りは国の宝」
2010-12-05 Sun 08:56
12月4日、谷塚にあるキリスト教会 諸国の主(Lord of the Nations)教会の方々と一緒に、特別養護老人ホーム(さいたま市のSという特養)、また高齢者向けグループホーム(春日部市のA)へ、クリスマスキャロルをお届けに行ってまいりました。
このキャロルチーム、日本人、フィリピン人、他の外国語圏の方で構成される、国際色豊かなグループです。長谷川ジョネル牧師夫妻を中心に集まり、協働でこのイベントを企画・開催しました。

ここで味わうことができたのは、言葉で到底表せない 恵み でした。

ポッと出の私たちが、30~50分でできる事など限られています。賛美も、お花贈呈も、祈りも…たった数刻、利用者の方たちに触れて、ともに時間を費やす―――その程度にしかならないのです。


そんな、<来て・すぐ去っていく>私たちのような人間にも、人生の先輩たちは温かく応じてくれました。


導入も曲の音程もアララ…、歌詞間違いもハモリ没も声裏返りもアリ(そして悪いことに、「過つは私」なのでした…)の賛美に対し、皆さん些事を気にせず、喜び、かつ拍手で報いて下さったのです。

また、お花を贈呈する段になって、スタッフメンバーが手渡しで花を配りながら握手をしたり、様子を聞いたりすると、大変喜んで下さいました。
そして、お別れの時間が来ると、握った手をしばらく離さずに、涙を浮かべる方も多くいらっしゃいました。

触れ合うお一人お一人、どれほどの人生経験が…。
どれほどの出会いと、別れが、この慈しみ深さと、こころの豊かさを育まれたのでしょう。

そんなことに想いを馳せるばかりでした。

「老人は国の宝。」故・榎本保郎牧師が、声を大にしていた言葉を思い出します。
本当に、ご利用者の一人一人が、主の愛の手の中に迎え入れられ、この地上で過ごす時間を平安で、満たされたときとさせて頂くことができますように。

自己満足で終わってはいけないと必死で思う者ですが、私たちできることは僅かです。
どうか創造主が、この小さな群れの祈りに応えて下さい。
高価で尊い、この宝物のご高齢者たちに、今からとこしえまで、あなたが触れて、慰めて下さいますように。

また、その日々の生活を支える職員の皆さまの上にも、あなたの導きと護りがありますように。

力強い王、われ等の友、
イエスキリストの御名を通して、お祈りします。

神の声
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人間の徳行 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | ファミリークリスマス2010@リバーサイドチャペル(関係者用)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/