後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
上野公園の奇跡
2008-04-12 Sat 21:50
今日は上野公園でとても素敵な証を頂きました。短く共有させて頂きます。

上野トポス教会の青空礼拝について過去に話しましたが、最近そこで「上野 自由詩人 くらぶ」活動を開始しました。しばらく更新無いと思ったら、こんなことしてたのね。

これは今、ホームレスという状況にある上野の兄弟姉妹に、詩を書いて頂けませんか。そう呼びかけるものです。ルールはいたって簡単、

①自分の想いや感情、日々の気付き、悩みや後悔などを飾らずに書いて下さい。
②形式は一切問いません。
③オリジナル作品に限ります。

この発表をした日に、即興で素晴らしい句を書いてくださった方。それがTさんでした。

「吹きすさぶ 春の嵐の 野公園
我が子を想い 一人涙し」

この句を頂いてから、Tさんと私の間で、少しずつ会話が始まりました。
残して来てしまったお子さんへの想い。

理由はともかくとして、耐えられぬ苦しみの中でいらっしゃったんでしょう。週報の裏にささっと書かれたこの句には、Tさんの眠れぬ夜と、忘れられぬ過去の暖かさが浮き彫りにされていました。


「もしお子さんともう一度会って、人生をやり直したいのなら…、トポス教会の比留間牧師をたずねてみてはどうですか。」

そういう私に寂しそうな斜め微笑で帰っていったTさん。


上野公園管理局のお願いで、4月5日に礼拝が持てなかった(花見客への配慮)ため、今日の礼拝は2週間ぶりでした。いつも通り準備に向かう私に、明るく声をかけてくださった方がいました。

Tさんです。ひげをそり、髪を整え、服装もしっかりされて、見違えるようになったTさんが、トポス教会のバンから荷降しを手伝っておられました。

「今私はトポス教会のお世話になって、職探しをしているんですよ。」
そう話すTさんの声には、自信と闊達さが溢れていました。


「あの詩がなかったら、私はこうして前進できていなかったと思います。」
二人になったとき、Tさんが証してくださいました。

「あの会話のあった次の日、梅島のトポス教会に行ってみたんですよ。そこで人生を取り戻す決意をしました。

しかし「詩を書く」というあのプロセスを経なければ、こんな生活の変化は起こっていなかったはずです。」


「上野の兄弟姉妹、詩を書いてください」
「皆さんには、普通の人間には書けない詩が書けるはずですから」

という単純な思い付きから、始まった活動です。「なに言ってんの?」と皆さんから興味なさそ~な目で見られて、恥ずかしい思いをしただけか、と思われていた活動です。

しかし神は、ごとうの恥ずかしい、空回り的な活動をも用いて、既にTさんを助けてくださいました。


主よ、これからも更にたくさんの奇跡を、見せてください。

上野トポス教会が今後より一層、いのちと再生の奇跡に溢れた「場所」になりますように。

これからもどうぞ、私たちを護り導き、弱い我らの信仰を増してくださいませ。

ごとう ひでたか 拝
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<上野 青空礼拝 トポス教会より 今週の自由詩人 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【むき出しの 殺意】>>
この記事のコメント
#283
ごとうさんお久しぶりです。「上野自由詩人くらぶ」というネーミングが良いですね~。
「書く」という作業は、とても重要なことだと感じました。そこから自分を深く見つめたり、新しい方向へ向かおうという気持ちが出てくるんですね。
一人の人の人生が変えられることは本当に大きなことで、尊いことだと思います。
ごとうさんの心を神様が用いてくださったことに感謝して、今後もすばらしい「詩人」が誕生するようにお祈りしています。
2008-04-13 Sun 17:57 | URL | Aja #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。

定期更新には程遠い現状ですが、昨 土曜に上野で起きた素敵な証を伝えたく、更新いたしました。

Ajaさんも先日お話されていた、講習会のほういかがでしょうか。また色々教えてくださいね。

ごとう ひでたか 拝
2008-04-16 Wed 10:13 | URL | ごとう ひでたか #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/