後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
信じること:2008
2008-01-01 Tue 23:56
イエスキリストは私たちが、規則・形式・慣習としての「宗教」に留まることを望まず、逆に聖霊にあって神と語らい、キリストの愛に留まることを望まれました。

神はその人のうわべを見ずに、心を見るからです。「こんな罪びとの私をあわれんでください」と正直に告白した取税人の方が、神の目に義と認められたように。
私たちもその心を注ぎだして、神の前に立ち、下記の「兄弟姉妹の信条」を告白しましょう。

<兄弟姉妹の信条>
1. 神はあり、私たちのことをよく理解しており、そして愛しています。
2. 神は私たちに祝福と恵みを与えるために、その一人息子であるイエスキリストを世に遣わされました。
3. 人として生まれ、奇跡と栄光に満ちた人生の終わりに、主イエスは友に裏切られ、敵の手に渡され、傷つけ蔑まれ、遂に十字架の上に死なれました。
4. しかしそれは、私たちに平安、将来と希望を与えるためでした。
5. 死の三日後、主イエスはよみがえり、死の恐怖を打ち砕き、
6. 多くの弟子たちの前に現れて、彼らを励ましてから天に昇られ、
7. そして今も信じる者のそばにいて、共に泣き、共に笑い、私たちを見守り導いてくれています。
8. 主が再び来られる時。私たちは共に立って喜び、天に用意された都に帰るのです。
Amen!

皆さまの上に、主イエスキリストにあって豊かな恵みと、心身の癒し、関係の修復、旅立ちの勇気、守りと導きが与えられますように。

それでは、今年も「キリストの愛を 超多忙なあなたに」をよろしくお願いいたします。

ごとう ひでたか 拝

良いお年を

良いお年を!
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ご無沙汰しております | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 7.「何であたしがこんな目に?」 I I>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/