fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
後藤の日報 11/10-14/11/2007
2007-11-15 Thu 13:36
長いので「続きを読む」内に掲載。

11月14日(水)
厚生省「2007年度障害者白書」入手、確認する。厚生省が把握している三大精神病(気分障害・神経症性障害・統合失調症)患者数、平成17年度203.3万人。
「よい相談相手になるために―クリスチャン・カウンセラー入門」(キリスト教カウンセリングセンターCCC出版)発注。

11月13日(火)
(独)雇用・能力開発機構主催「NPO法人等委託訓練」の説明会参加。19日より受講開始。

11月12日(月)
キリスト教系の:フリースクール、グループホーム、カウンセリング団体の調査。
金岡さんからの情報で、Christian Mental Care Center(CMCC)、べてるの家、トポス教会(足立区、比留間氏夫妻。毎週土曜、上野公園にてホームレス伝道)他、名前が示された団体。また、インターネットから得られた団体を挙げると、
障害者・高齢者のグループホーム
社会福祉法人九州キリスト教社会福祉事業団(認知症)
グループホーム福音の園・川越(老人、埼玉)
グループホームシオンの園(知的後退(痴呆性)高齢者専用のホーム、佐賀)
べてるの家(統合失調症など精神障がい者他、北海道)
フリースクール
フリースクール恵友学園(不登校、引きこもり。上野)
仙台新生キリスト教会(学童保育・フリースクール。岩手)
本郷台キリスト教会(チャーチ・フリースクール。横浜)
その他
フリージア(フィリピン、日本人健康村を運営)
トポス教会(上野にて毎週土ホームレス伝道、足立区)
家庭問題への対応。

11月11日(日)
協力者である金岡さんとミーティング。配布用チラシ内容、テキスト部分気づかれた点、カウンセリングについて。メール相談受付の広告についてもコメントを頂く。またキリスト教系の他団体、関連組織の情報提供を受ける。

11月9日(金)
テキスト作成。「How to stop worrying and start living」より(Dale Carnegie著:クリスチャンファミリーに生まれ自身宣教師を目指すも、ノンクリ向けの即効性のある助言を著す道を選んだ方。邦題「道はひらける」)
ブログ上にメール相談受付の広告を貼る。

11月8日(木)
カウンセリング希望者向け規約、TC木崎先生に内容をご査収頂く。
→回答:規約署名に関しては、2つのスタンダードを設けている。その内、家族相談ベースでは規約は交わさない。しかし施設受け入れが決まれば、規約へのサインが必要になる。
大切なのは、仮に何かが上手くいかなくなってもご家族の方から逆恨まれないように、①友好的な関係を形成すること、②情報共有(どんな内容の話し合いがもたれた等)を徹底することである。

11月7日(水)
メールにて、ポスティング用草稿(第二稿)を草加RC 天野牧師と共有。
(任)ほっぷ カウンセリング希望者向けの規約 草稿作成。
「NPO法人等委託訓練」受講決定。

11月6日(火)
プリンター複合機購入。利用規約に関する情報収集。

11月5日(月)
ネット上での電話・メール相談が受け付けられないか検討。広告の原案作成。使用写真収集。

11月3日(土)
大宮ソニックシティにて、水谷修氏の講演に参加。ご自身も末期ガンを抱えてなお青少年の心の育成に励まれている。素晴らしい雛形、行動への指針を拝見した。

11月2日(金)
独立行政法人 雇用・能力開発機構東京センター主催の「NPO法人等委託訓練」面接。合否は7日までに判明。

11月1日(木)
心の病とその代表的な罹患症状の調査。

10月31日(水)
金岡様より配布用チラシへのコメントを頂く。修正を加える。
㈱JAPRON 清水代表(産業カウンセラー)に師事することを依頼するも、「個人的なメンタリングはしていない」とのことで却下される。

10月30日(火)
兵庫県の村上様より、ほっぷ活動参加の意思表示を頂く。農業経験者であり、ユンボ(油圧ショベル)の資格保有者。農業は事業体の自立経営に欠かせない部分であり、これからもアドバイスを頂いていく。

10月29日(月)
ハローワークへ書類提出。越谷市役所、地域活動推進課にて、越谷市の医療施設(精神科)について情報収集。身近な所で越谷私立病院には精神科はなく、カウンセリングも行なっていない。担当官(伊藤氏)が一人だけ、入院患者向けのカウンセリング(医療経費面などが中心。家族問題なども時折)を行なっている。相談件数は3ヶ月に1~2度くらい。他にもうつなどの相談が稀にあるが、民間の精神病医を紹介するに留まる。

10月26日(金)
祖母、通夜。土曜に告別式。

10月25日(木)
ティーンチャレンジ木崎先生・サイモン兄弟とミーティング。

10月24日(水)
ハローワークにて、「NPO法人等委託訓練」受講に必要な書類を取得。

10月18日(木)~10月23日(火)
台湾。Spiritual Food Church(プロテスタント)にてFu牧師と意見交換。日本に対する重荷を持っている方たちが多いとのこと。祈りに覚えてもらうよう依頼。

10月17日(水)
コンテナタイプ建造物(モジュールハウス)、坪単価見積もりを依頼。平基礎のみで建てられ、早いものは発注~建設完了まで3ヶ月。ロードサイド店舗形式(プレハブ)もあり、見た目は悪いが即席・一時的(5年~10年)な施設は建てられる。増築・撤去も楽。
NTT電話回線工事。デスクトップPC発注。

10月16日(火)
普通車免許(仮免一発試験)、鴻巣免許センターにて。学科通るも技能でNG。帰り道、民間組織が教える技能試験向けの対策講座受講。技能通らなかった理由がいくつも判明。

10月15日(月)
サイモン兄弟との面談予定、25日に延期。テキスト作成継続。仮免学科試験対策勉強。
スリランカ・バンデューラ牧師に進捗報告。

10月12日
呼びかけの広告(草稿)作成。仮免学科試験対策勉強。

10月11日
越谷市役所 森さんに相談
任意団体としてもスタートしたばかりで、実績がない、実体がない。それではNPO登録申請をかけても、その約2ヵ月後に行われる調査員派遣で却下されるのは目に見えているので、今は:
実際にうつ・引きこもりといった症状に苦しむ方たち・ご家族に対する働きかけを開始する
その間に人集め・組織の基盤作り
定例会議を開始・継続する
提出書類内容を「今後の事業計画」でなく、実績に即した内容に書き換える
といった調整が必要、とアドバイス頂く。

NPO法人であるべき理由
①助成金による資金調達に際し、任意団体としてよりNPO法人格のほうが有利であること
②行政との覚書・契約締結の際(廃校施設等の借上、他)NPO法人格は最低条件であること
③地域住民と協議する際、団体の裏付けがあると信頼・協力を得やすいこと

HPの検索エンジン(Googleなど)への登録。
住民票取得。普通自動車仮免に向け勉強。
スポンサーサイト



別窓 | 特活「ほっぷ」への道 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<6.<C. 復讐のコスト> | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 6.<B.前向きな姿勢を取り戻すには>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/