後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
6.<E. あなたのOO、いくらですか>
2007-11-18 Sun 00:50
<読んでみよう>
「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。(ヨブ1:21)」
「神は悩んでいる者をその悩みの中で助け出し、
そのしいたげの中で彼らの耳を開かれる。(ヨブ36:15)」
「I had a blues because I had no shoes,(靴が無いことを嘆いていた俺は)
Until upon the street, I met a man who had no feet.(足の無い人に出会って、初めて恵みに気が付いた)」
「Think and Thank.(考えること、そして感謝すること)」

<考えてみよう>
利き腕/視覚/健康な心臓に、あなたはいくら値段をつけますか
もし両足が利かないとしたら、どんな生活になってしまうと思いますか
高齢者・障害者の方で、明るく元気、前向きな方を知っていますか

<やってみよう>
盲目だとしたら/右腕がないとしたら。タオルで目隠し/拘束し、30分行動してみよう
車椅子の状態を想像して、町を歩いてみよう。移動に支障はないですか

<無いものねだり>
「私たちはほとんどの時間、『足りないもの』『備わっていないもの』について嘆いて過ごすが、『今あるもの』に感謝し、それを楽しむことには時間を使っていない。」Schopenhaue


「John Palmerの話:
戦後ニュージャージーに戻って来たジョンさんは、機械製造・販売のビジネスを立ち上げて、日夜忙しく立ち働きました。
経営が上手く行き始めたころ。戦後の混乱期で、突然機械部品の供給が止まってしまったのです。ジョンさんは倒産の不安に駆られ、様々な手を尽くしましたが状況は変わりません。そのフラストレーションから常に苛立ち、当り散らすようになりました。
その時、負傷兵として帰還後、ジョンの下で働いていた老人が、ジョンを諭してこう言いました。『ジョン。こんなことで苛立ったりして恥ずかしくないのか。お前さんは、この地上でたった一人、大きな問題を抱えているように振舞っている。だが、仮にしばらく店を閉めなければいけないとしても、それがどうした?また部品の供給が戻ってからやり直せばいいじゃないか。気づかないようだが、ジョンよ、お前さんは恵まれているよ。しかしいつも苛立って、文句ばかり言っている。
ああ、もし俺がお前さんの立場だったら!見てごらん。俺の左腕は失われ、顔半分も吹き飛ばされてしまった。でも文句を言ってはいないよ。もしお前さんがこのままの状態を続けたら、商売だけじゃない、家族も、健康も、友人も失うことになる。』
彼のこの言葉が、私のマイナス思考を粉砕しました。そして、確かに今あるもの、恵まれているものに、感謝できるようになったんです。」

だから今。私たちの心を、恵みに留めて感謝しましょう。

<他の章節・文献>
「この世界最高の医師は、『食事』『静寂にある落ち着き』『明るさ』である。」ジョナサン・スィフト
「『人生の明るい面(Bright side of the road)』を見ることができる能力は、1億円にもひけを取らない価値がある。」Dr. Samuel Johnson
「この世にはたった二つだけ、目指すべきことがある。
一つ目は、望みをかなえること。二つ目は、かなえた望みを楽しみ、喜ぶこと。
賢い者だけが、この二つを手に入れる。」Logan P. Smith
スポンサーサイト
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<6.<F. あなたでいい> | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 6.<D. 感謝されない…その空しさを超えるために>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/