後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
DVなどで悩む方へ:道はあります
2007-11-06 Tue 09:41
本日(11月6日)越谷市役所の社会福祉課にて、ご担当者から話を伺ってまいりました。テーマは「生活保護。」
例えばDV(家庭内暴力)などで苦しむ女性が、その環境から一時的にであれ避難したとき、「生活保護」の名において政府が何をしてくれるのか。そんなことを聞いてきたのです。

苦しみから脱して新生活を始めるのに、一番の大敵は「何やっても無駄」「逃れられない」「相談できない」という諦観、あきらめの想いです。
そこには、「外部に漏らしたことが分れば、もっとひどい目に遭う」「警察も含め、政府は何もしてくれないのではないか」「以後の生活の基盤もなく、子連れで逃亡生活なんて、不安で行動できない」などという、漠然とした不安があるのではないでしょうか。

<理想と現実はあるが>
確かに「生活保護」の括りで見ますと、保護の要件は「まず自分の資産・自活能力や親族に頼ってみて」「それが駄目なら最低生活費を援助」というものです。しかしご家族を喪ったり、縁を切られたりしている方であれば、また現在子育て中など働けない理由がある方ならば、「これは私向けじゃない」と思われるかもしれません。

ですが失望して欲しくないのは、A. 市政の担当官の方は、既に様々なケースの経験があり、関連機関やシェルター、警察などにもネットワークを持たれていること。 B. あなたがちゃんと説明すれば、身体の危険を誘発するようなことはせず、調査なども実施してくれること。 C. 申請から調査、そして決定まで遅くとも30日以内に必ず結論が出るということです。

つまりあまりに酷いDVや、殺意を感じる暴力(e.g.夫が包丁を持って追い回す)などがあった場合、すぐに相談することで、あなたの望む解決を一緒に検討してくれること、今何をすべきなのか教えてくれることなど、自分ひとりで抱え込むより何倍も道が拓けます。電話でもいいです、ぜひ一言ご連絡してみてはいかがでしょう。

<生活保護 審査プロセスをスムーズにする為に:>
暴力があったとき、また(生命の危機を感じるような)脅迫があった場合、すぐ警察に報告し被害届けを作成してもらう。(e.g. あざがまだある状態)
申請後の調査で求められる情報の開示や、状況説明のため上記被害届け等を提出する。

その後、仮に地方の親類に受け入れてもらえることが決まった時、相談していた市役所から受け入れ先の市役所へ、生活保護審査の状況などについて一報入れておいてもらえば、移動後の需給手続きがスムーズに行くはずです。

また、配偶者の執拗なストーカー行為などは、やはり警察の介入や最終的に裁判所での決着にて、接近禁止命令を発効させることになるでしょう。

<Last Resortに到る前に>
望ましいのは、こうした最終決着に到る前に。
今改善できることに、働きかけていくことです。

地域の市役所・婦人相談所警察の女性専用ホットラインなどに連絡することができますし、また最寄の教会に相談して頂ければどうでしょう。教会は牧師を中心に、様々な経歴・知識を持った方の集まりでもあります。彼らは主にあって心一つに、あなたの痛みを和らげるべく働いてくれるでしょうから。

一人で抱えると辛いです。そうして暗い目をしているあなたのことを想うと、私も悲しくなります。だから、相談する勇気をもってくださいね。話せば楽になることもありますし、これまで見えなかった解決法も、見えることがあります。
スポンサーサイト
別窓 | 緊急時の対処・連絡網 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<荒野で叫ぶ声 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 祈りの日記>>
この記事のコメント
#242
妻の友人だったフィリピン女性のケース。


夫のDVに悩まされ、子供を連れてシェルターへ避難したものの
見つかって連れ戻されました。

結末は...一家心中。新聞にも載ってましたが夫が妻と子供を殺し、
自分は自殺したそうです。

そうなる前に周りの人たちでもっとなんとかできなかったか、と
思うと残念でなりません。今悩んでいる方も、手遅れになる前に
ぜひ行動を起こしてください。

2007-11-06 Tue 11:20 | URL | jack #-[ 内容変更] | top↑
#243 難問
Jackさん、そして奥さん、大変な事件を通り抜けられましたね…。

本当に正解のない問題です。周囲で見守る私たちも、限界のある人間ですから、ずっとそばに居て導き、護ってあげることもできない。被害者が安全と信じ身を寄せたシェルターが「連れ戻し」を容認したのも、その場に居ない私たちには、どうにも止められなかったでしょうし…。

「あなたのせいじゃない」と言われても、心の奥に残る悔いは何なんでしょう。


今DVに苦しむ方々へ。
日々の努力が無効であり、すでに生命の危機を感じる様な状況なら。自分と子どもたちを守りたいと思うのなら。
細心の注意を払って、警察、市政、教会などを訪ねてください。電話でもいいです。必ず道は拓けますから。

ごとう ひでたか 拝
2007-11-07 Wed 23:56 | URL | ごとう ひでたか #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/