後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
8月31日の奇跡IV
2007-09-03 Mon 18:02
最初から読むには、こちら。

<妻はぐれる>
イミグレで「出国カードを書いて来てください」と言われ、カウンターで書き終えてしまうと、妻はまだ半分くらい記入が済んだところでした。「先に行って、銀行で両替してくるから、途中で会えなくてもターミナル#7に行っててくれ」と伝え、突っ走りました。5万円相当のスリランカルピーがあり、一度国外に出れば換金できないため、ここで換えねばお終いです。

「銀行」「銀行」と足早に進み、レートの悪い銀行で速やかに換金を済ませ、ターミナルに向かいます。最奥まで70mtはあろうかという最終待合室、すでにほぼ98%の旅客が入った空間を、懸命にスキャンしながら妻の姿を探します。しかし、いません。

アテンダントに不在者の情報を尋ねると、画面上に妻の名前が。「こちらに向かっている、と言う情報がありました。もうじき来られるでしょう」とのんきな答えが。

しばらく待っても、何の進展もないので、「ちょっと構内アナウンスをしてくれませんか」と尋ねる私。そんな中、アテンダントも痺れを切らして「じゃあ、このカードを持って彼について行って下さい」と私を送り出してくれました。


空港内を走る軽車両に乗り、道中を一巡するも、いません。どんなにアホで物欲が強くても、このタイミングで免税店はないだろう。と思いながらも高速でスキャンしていくと、階下のイミグレから「それらしき人物がいました」との情報が。

急いで階段を下り、イミグレまで戻ります。すると半分怒り半分泣きそうな顔で、妻が立っていました。イミグレの担当官に「Arrival Record(入国時、パスポートにホチ止めされるカードのことだと思うのですが)は?」と聞かれ、「ない」と答えた段階でスタックし、ただ立ち尽くしていたようです。

担当官がすばやく説明し、ターミナルに連絡します。「Passenger flying today, confirmed.」そしてダッシュでエスカレーターを昇り、軽車両で再び空港内を疾走します。その間ベテランのアテンダントは妻に「賄賂を要求されませんでしたか?」と繰り返し聞いていました。


<By His Grace>
そして。

最後に取り残された旅客として、私たちが搭乗口に向かうと、空港のスタッフ・アテンダント達がほっとした表情で迎えてくれます。「みんなありがとう」と大声で伝えて、そのまま走り抜けるように飛行機に向かいます。そして、すでに全員着席している飛行機の通路を、心の中で「皆さま~お待たせしました」「ゴメンね」とつぶやきながら下りました。

考えてみると、フライト自体は少し遅れていた模様。と言うのは、通常12:40分発のフライトならば、ボーディング開始=30分前、ゲートクローズ=5分前?なので、12:40分から搭乗開始などありえないのです。しかし実際には、12:40分の段階でまだボーディングが始まっていませんでした。

分刻みの成田フライトだったら、多分完全にアウトだったこの事態。フライトを空振れば、空港で泣く泣くチケット購入、同日発ならまだしも、その日の便がなければあと何日か棒に振る可能性もあったわけです。東京HQ、コロンボHOの担当者にも心配と迷惑をかけながら…。

Praise the Lord!!

<錆>
こんな「身から出たサビ」物語を、信仰告白として使うべきではないですし、もし読者の方の中に8月31日コロンボ発のSQ467に乗っている方がいらっしゃったら「何て迷惑な奴なんだ」と言われることと思います。再度になりますが、大変失礼いたしました。この遅延のために、あなたの人生で何か緊急で起きていた事態が、悪化したり手遅れにならなかったことを、ただ祈ります。

しかし、人の力でどうにもならんことが、私たちの人生の中で起きた時に。
神に信じて、祈り、そして何が起ころうと、主の前に謙虚に受け入れること。そうすれば、主が成し遂げてくれますし、私たちがイライラ・ハラハラしながら費やす時間を、平安に満たされて過ごすことができること。
それは、私がこの経験の中から得られた宝です。それだけは共有させていただきたいと思いました。

おかげさまでシンガポールに到着です。でも宿の予約がないんだよね…。

現在、夜20:00

8月31日の奇跡III…の続き…の続きを読む

先ほど出て参りましたが、シンガポール空港のイミグレでは、賄賂の要求はありませんでした。皆さん真面目で真摯ですし、法と罰則が厳しいこの国では、もしそんなことをすれば人生を棒に振れるため、ありえないだろうとは思います。

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト
別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<何が幸せなのか | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 8月31日の奇跡III>>
この記事のコメント
#198
私はA型、妻はO型です。お二人の行動パターンとよく似ているような感じがします(笑)

でも、怒っちゃ負け、あわてちゃダメ...自分の主義を貫こうとするのがA型の悪いところ。逆にすべてのリスクを見通した完璧な計画を立て、「ふっふっふ、そうなると思ってたサ」ぐらいの余裕をかませるようになれば一人前、か?

ともあれ、無事に搭乗できて良かったですねー

2007-09-03 Mon 10:03 | URL | jack #ruVwLgyA[ 内容変更] | top↑
#199 Jackさん、シンガポールは
飯が旨いです。関係ありませんね。

自分主義の強さ…。確かに、それは私がO型だった頃にも見られた性質です。大雑把さはいまだにO型なんですが…。

また「そうなることは予想済みさ」の余裕かましは、恐らく神がしていたに違いありません。

ただただ、主の恵みに感謝です。

ごとう ひでたか 拝
2007-09-03 Mon 18:37 | URL | ごとう ひでたか #JalddpaA[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。