後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
8月31日の奇跡:コロンボ発
2007-09-02 Sun 02:02
8月31日、12:40分。シンガポール航空SQ467便出発時間。その15分ほど前に、息せき切って出発ターミナル#7に辿りついた私は、妻が最終待合室にいないのを見て愕然としました。
「どこへ行った…?」何故いない、という疑問と、不安半分怒り半分が、噴出しました。

まったく、2007年8月31日は私の記憶に長く残る、大変な一日になったのです。

<郵便局でキレる>
全く私は郵便局とは宿敵の星の下に生まれているようで、パキスタン・スリランカ共に泣かされてきたのです。
重量物である書籍・お土産の一部を航空便・船便で送ろうと、まず30日に郵便局へ行きました。すると、「航空便は別の部署」「あ、ゴメン。3:30PMだからもう閉まっちゃった」「EMSならまだ受け付けるけど、1kg=1,900Rs~だから高いよ」とのコメント。しかたねぇ、EMSで送るかトホホ…。と思い、担当に尋ねると「あ、じゃあ箱全部開けて、担当官に中身全部見せてください。」

ぶち。

残念ながら私はA型なのです。28までO型だと信じて生きてきたのですが、健康診断で「あ、あなたA型ですね」と言われたその日から、A型なのです。A型人間はスーツケースや箱詰めには大変な努力と執念をもって作業をし、きっちり隙間なく埋めることを「美しい」と思う生き物なのです…。

その箱を開けて全部出せだと?ふざけんな。

あまりにアホらしくなり、また事務所での作業も残っていたので、その時は撤退したのです。

そして出発日の31日。JENにて最後の引渡しを終え、今度は近所の郵便局へ寄りました。
「あなた、どこ住んでんの」と聞く局員のおばちゃんに、「骸骨通り(だってSkelton Rdなんだもん)、14番です」と応えると、「ああ、マノジさんとこね、良く行くわ」とのこと。これは吉兆…。と思いつつ、「箱開けて」という指示に素直に従うと、表面だけさっと見て「ま、いいわ、あんた日本人でしょ…」と妥協してくれました。

次のステップは…(長いのでダイジェスト版でお届けします)

① 重量を計る
② 三枚複写の送り状に記入×3個分
③ 箱をラッピング(茶色の紙で包み、紐で縛る。専任の担当者がいて、丁寧に包んでくれる)
④ 包み紙に送り元・先住所を書く(送り状は一体なんだったんだ?)
⑤ 重量・送付方法に従い、受付が金額を計算
⑥ キャッシャーから金額分の切手を買う(現金取り扱いができる人間は一人だけ。電卓あるのに手計算)
⑦ 切手を貼る(一枚最高200Rsの切手を3,720Rs分とか貼ると、すごい量の切手になる)
⑧ 受付に提出
⑨ 受付が切手の金額を数える(しかも遅い)
⑩ 受付、何を思ったか再計量
⑪ その後、送り状に詳細を記入
⑫ 受付が領収に全ての金額を記載(15分はかかっていました)
⑬ 領収受領
完了!

「完了!」とスッキリ感が溢れていますが、荷物三つを送る為だけに1.5時間も無駄にしました。合間合間に、受付がおしゃべりを始めたり、上司と談笑したり…。それを殺気だった目で睨みながら、一秒でも早く…!と孤軍奮闘していたわけですね。その間、運転手に頼んで先に自宅に行ってもらい、妻と荷物を拾ってきてくれ、と頼みました。


ステップ⑪ですでに10時半を回っていたので、受付に「すぐ戻る」と伝えて自宅に戻りました。バンに乗り、涼しい顔でいる妻に「荷物全部積んだか?」と聞くと「あんたの分はまだよ」と「他人事」の妻に憤りながら、全部バンに投げ込んで、大家に挨拶して去ったのです。再び郵便局へ。

バンの中で「あ、あと私トニーに会わなきゃいけないの」と「この段階で何を言っているのだコイツは」的発言をしてくれる妻に「フライトを逃すかどうかの瀬戸際なのだ、忘れろ」と言うと、彼女も憤って「憤りパーティ」になりました。

郵便局に戻ると、受付はまだ悠長に⑫ステージです。荷物を先に積んだのは正解だった、と思いながら、殺気全開で彼の目の前に立ちプレッシャーをかけます。ようやく領収ができ、ありがとうと伝えバンに戻ると、妻がいません。

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<8月31日の奇跡II | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 「みんなの教会」プロジェクト III>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。