fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
キリスト教について質問
2007-08-22 Wed 15:57
注:Yahoo!知恵袋に掲載されていた質問。もうとっくに締め切られていましたが(システムがよく分からん)、皆さんと共有する価値があるかと思い、載せてみます。

キリスト教について

Q. キリストはマリア様が処女なのに妊娠してできたと子だと言われていますが、科学的に考えても、普通に考えてもありえないと思うのですが、なぜ大勢の人が信じているのでしょうか?
キリスト教信者の人達は、この事に関して疑問に思ったことは一度もないのでしょうか?

A. 私見ですが、私もキリストご懐妊の瞬間、その場にいませんでしたから、正直なところ分かりません。
当時の厳格なしきたりによって、夫であるヨセフがマリアを離縁しようとし――そしてその決断を止めた経緯も、聖書に書かれていることに想いを馳せるばかりです。

史実描写の末端にこだわれば、この世の許す限りの知識をもってしても、答えのない疑問点が出ます。だって、どれだけ現代の学者たち、歴史家たちが議論しても、それに当事者としての見解・確証を与えられる人間は存在しないのですから。


しかし、キリストが私たちのために行なったことを学ぶにつれ、そんなことはどちらでも良くなりました。それよりも大切なものが、確かに理解できたのだから。

個人的なことを言えば、キリストは劣等感、自責と自己嫌悪に苛まれていた私の心を探り、他人と違うことをマイナスでなく、プラスに変えてくれました。凹んだ私を拾い上げて、私のことを高価で尊い物のように扱い、愛してくれました。

同様に、私が会うことができた人々――震災・津波被災者、貧困者、アルコール・ドラッグ中毒者、受刑者――といった方たちの人生が、主によって強力に導かれ、癒され、更生されている姿をみると「これは人の手によるのではない」と、思わざるを得ないのです

<内なる ちから>
私たちがどんな苦境に立たされても「主はご存知だ」「私は一人ではない」「恐れることはない」――そんな強い信仰に守られて、人生に変革をもたらし、「後悔」や「不安」にでなく、「現在」を地道に生きることができます。それが主にあって、私たちに与えられる、希望の力です。

まさに、この世の富や権勢や名誉が、私たちに与えられないもの――愛、真理と恵み、そしてあなたが一体誰で、どこに向かい、何をすべきなのかというビジョン――を、神は与えてくれます。神は実に、私たちのすぐそばにいて、私たちが望みさえすれば、いつでもその手をさしのべて、導いてくれます。

彼の恩恵を、孤独な時・病の時・挫折した時・情けない思いで一杯の時・空しい時・希望が見えない時・孤立無援な時、そんな人生の底や人生の嵐の中で、経験しているから。

私は正直、末端の違いなど、気にならなくなりました。

しかし、その恵みを知るがゆえに、こうした小さな疑問で人が「キリスト食わず嫌い」になることも、何とも悲しいのです。

<はぁとで うなずく>
私たちが学んでいく過程で、疑問を持つことは当たり前です。そして神は、私たちが自分で納得のいくまで調査・研究し、心で頷いて「あなたは私の主です」ということを望んでいます。ですから、他人の言うことはさておいて、キリストの教えの根幹を知ってみてはいかがでしょう。

暗記物の歴史や古文のようにでなく、人間学として、聖書の知恵を日々実践して、理解してみてはいかがでしょう。

その上で、眉唾物か、真実なのかを、判断されればよろしい。神はその選択を、私たち人類に与えているのですから。

あなたも「そうかも」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
天国への扉

スポンサーサイト



別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あなたの霊の感受性 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | あなたは神の存在を信じますか?私は絶対に信じません。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/