fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
<クリスチャンと仕事I>
2007-08-06 Mon 16:48
私たちの日常。職員として勤務している方なら、毎日約8時間、一日の1/3を職場で過ごしていることになります。しかも私たちが目覚めて、最も元気良く、最も頭脳明晰で、最も生産的な8時間を、仕事に注ぎ込んでいるわけですよ。

もし私たちがそこで「仕事は仕事、キリストキリスト」と使い分け、「平日は仕事、日曜は神さま」のように切り分けるのなら。私たちは人生の重要な「1/3」から、神さまを退けてしまうことになるのです。

<しごとの起源>
ここで、仕事の起源について、少し話してみましょう。
「仕事」のコンセプトが出てくる、最初の章節には、こう記載されています。

①神である主は、人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。
②神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。…(創世記3:15~16)」

つまり、①仕事をしたら、②食べてよい。ということです。

その時はまだ、アダム夫妻は実り多い樹木に囲まれ、何の苦労もなく、園の管理人として立ち働いていました。しかしその後、蛇(サタン)に唆され、人類初の罪を犯した彼らに、神は告げたのです。

「あなた(ア)が、妻(イ)の声に聞き従い、
食べてはならないと
わたしが命じておいた木から食べたので、
土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。
あなたは、一生、
苦しんで食を得なければならない(創世3:17)。」

「仕事がつれぇ~」というのはエデン追放を喰らったアダムとイブのせいなのね…。一義的には、そうなるでしょう。
しかし、その辛い仕事に励む、勤勉な人びとにこそ、神は目を注ぐのです。

実に、神が運びの器として選んだ人々も、勤勉で優秀な仕事人たちでした。

モーセはしゅうとの羊を面倒見ているときに、燃える柴の中から主が語りかけるのを聞きました。
ギデオンが主の御使いに出会ったとき、彼は酒ぶねの中で小麦を打っていました。
ルツは異邦人ながら、その献身と勤労の美徳によって、災難の後の人生を喜びに変えました。
キリストが弟子を呼んだとき、ペテロとアンデレは漁師として、ガリラヤ湖で漁をしていました。
パウロは宣教の傍ら、テント職人として生活費を稼いでいました。

また、キリスト聖書の中で、生産的な働き者たちをほめたたえ、反面怠け者や横着者、怖れから何もしない者を退けられています。仕事の大切さと喜びを、私たちに何度となく訴えています。(後述)

<God is interested in your work>
そうです。神はあなたの仕事に、大きな関心を持っています。
あなたが職場でどんな決断をし、どんな風に部下や業者に接し、どんな目標設定をして、どのように達成するのか…。その過程を注視しています。

そして、公平と善に基づいた決断には祝福を、努力と勤勉には実りを与え、反面偽りや怠惰に満ちたやっつけ仕事には、必ず報復されます。

大きな障害にぶつかるときもあるでしょう。考えていたような成果が、全く上がらない時もあるかもしれません。しかし、正直でまじめな仕事人には、神は技能も、知恵も与えてくださることを私たちは知っています。

それは、聖書にもこうある通りです。

「あなたがたは、私の声に耳を傾けて聞け。
私の言うことを、注意して聞け。
農夫は、種を蒔くために、いつも耕して、その土地を起こし、
まぐわでならしてばかりいるだろうか。
その地面をならしたら、ういきょうを蒔き、クミンの種を蒔き、
小麦をうねに、大麦を定まった場所に、裸麦をその境に植えるではないか。

農夫を指図される神は、彼に正しく教えておられる。

ういきょうは脱穀機で打たれず、クミンの上では脱穀車の車輪を回さない。
ういきょうは杖で、クミンは棒で打たれるからである。
パンのための麦は砕かれない。
脱穀をいつまでも続けることがないからだ。
脱穀車の車輪を回しても、馬がこれを砕きはしない。
これもまた、万軍の主のもとから出ることで、そのはかりごとは奇しく、
そのおもんばかりはすばらしい(イザヤ28:23~29)。」

ですから私たちは、この素晴らしい神の知恵を招き入れるためにも。
職場で日々、神の意思を尋ねながら仕事に励みましょう。

「仕事は仕事、神は神」でなく、全てを神の栄光を現すためにしましょう。(Iコリント10:31)


<しごとに関する章節>
自分の畑を耕す者は食料に飽き足り、
むなしいものを追い求める者は思慮に欠ける。
悪者は、悪の網を張るのを好み、
正しい者の根は、芽を出す。箴言12:11~12

自分の畑を耕す者は食料に飽き足り、
むなしいものを追い求める者は貧しさに飽きる。箴言28:19

なまけ者よ。蟻のところへ行き、
そのやり方を見て、知恵を得よ。
蟻には首領もつかさも支配者もいないが、
夏のうちに食物を確保し、
刈り入れ時に食料を集める。
なまけ者よ。いつまで寝ているのか。
いつ目をさまして起きるのか。
しばらく眠り、しばらくまどろみ、
しばらく手をこまねいて、また休む。
だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、
あなたの乏しさは横着者のようにやってくる。箴言6:6~11

富む者は貧しい者を支配する。
借りる者は貸す者のしもべとなる。箴言22:7

快楽を愛する者は貧しい人となり、
ぶどう酒や油を愛する者は富むことがない。箴言21:17

悟りのある者はその顔を知恵に向け、
愚かな者は目を地の果てに注ぐ。箴言17:24

密議をこらさなければ、計画は破れ、
多くの助言者によって、成功する。箴言15:22

相談して計画を整え、
すぐれた指揮のもとに戦いを交えよ。箴言20:18

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト



別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<第OOO次夫婦戦役勃発→冷戦突入 近況> | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 今日はスリランカ ハンバントタへご招待>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/