後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
聖書ってどんな本?
2006-09-24 Sun 00:04
「新約聖書」について
新約聖書は27章/冊の文書から成り、その全ては「JCイエスキリスト」をテーマとして書かれています。
面白いのは主イエスの生きた時代、またその生涯について書かれた「福音書」が4冊もあり、それぞれ異なる著者によって書かれていることです。書き方に個性が出ており、ある著者(ルカ)は自身が医師、有識者だったということも影響して、時代背景や詳細にこだわった作品を残し、またある著者(ヨハネ)はキリストの奇跡やその死の意味に触れ、主イエスが「世の光」「神の子」「救世主」であることを宣言しています。特に後者の福音書はキリストの愛を知るために、入門書として必読でしょう。
その福音書群に続くのが、JCイエスキリストが天に召された後、地上に残された使徒たちの働きについての文書です。ここで、以前はキリスト教を迫害する立場にあったパウロと言う若者が紹介されます。劇的な主イエスとの出会いの後、キリスト教へ改宗、宣教師として遠く異教徒たちへと派遣されました。様々な土地で宣教活動を続け、迫害やそしり、死の危険に何度も脅かされ、その活動は波乱万丈を極めました。そんな彼が、各地域の教会に対して送った手紙、キリストの愛と救いについて書かれた書簡が、新約聖書の後半を占めます。特に「コリント人への手紙1」と「ピリピ人への手紙」はパウロの代表的な書簡なので、ヨハ福の後に読んでみてね。


Bible
スポンサーサイト
別窓 | 聖書ってどんな本? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人間の本当の強さ | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 飢えを知る>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。