後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
この世界が求めるもの
2007-08-04 Sat 08:19
求人広告を見ると、現代社会が一体どれほどの「技能」「実績」「知識」を求めているか、驚かされます。

「要普免/大型免許保持者」
「ビジネス英語の知識:TOEIC 900点以上」
「食品業界での勤務経験5年」
「メーカーでの生産技術・製造技術開発・設備開発経験」
「金融業界での融資業務経験者・不動産担保融資経験者」

神さまが求めているもの>
それに比べて、主イエスキリストに従い、牧師になろうと思っている方に対して、神はどんな資質を求めているでしょうか?

IIテモテ3:2~4に、一部ですがその答えはあります。
「ですから、監督(=英訳KJVではBishop)はこういう人でなければなりません。すなわち、①非難されるところがなく、②ひとりの妻の夫であり、③自分を制し、④慎み深く、⑤品位があり、⑥よくもてなし、⑦教える能力があり、
⑧酒飲みでなく、⑨暴力をふるわず、⑩温和で、⑪争わず、⑫金銭に無欲で、
⑬自分の家庭をよく治め、⑭十分な威厳をもって子どもを従わせている人です。」

上記をよりよく理解するために、ちょっとしたエクササイズをしてみましょう。

<神が求めるもの>
上記で挙げられた監督に必要とされる項目を、カテゴリー別に分類してみましょう。

つまり①~⑭を、
「言動(外面)」
「性格(内面)」
「技能(能力)」
にブレークダウンしてみるのです。

「言動(外面)」
①非難されるところがなく、
②ひとりの妻の夫であり、
⑥よくもてなし、
⑧酒飲みでなく、
⑨暴力をふるわず、
⑪争わず、
⑬自分の家庭をよく治め、
⑭十分な威厳をもって子どもを従わせている

「性格(内面)」
③自分を制し、
④慎み深く、
⑤品位があり、
⑩温和で、
⑫金銭に無欲

「技能(能力)」
⑦教える能力がある

そう。神さまが能力的に教師・牧師に求めているものは、ただ「教える能力」だけです。

逆に言うと、私たちの日々の生き方(言動)、姿勢(性格)、つまり人生そのもの。主があなたを監督に推挙するために見ているのは、そこなんです。つまり、「リーダーシップは能力によるのでなく、あなたの生き方による。」ということですね。

ですから、「あれもない、これもない」と言って嘆くのはやめましょう。
他人の優れた業績ばかりを見て、羨むことも、やめましょう。

なぜなら、これまで生きてきたあなたの人生の中に、神さまが求めている資質もまた、存在するからです。

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
あなたと共にいる

スポンサーサイト

別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<神との邂逅(Encounter)シリーズ | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 366回目の「ありがとう」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/