後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
神との邂逅(Encounter)シリーズ
2007-07-13 Fri 21:17
II-3 「神の癒し」について

神の癒しで、様々な肉体的症状が、改善した方がいらっしゃいます。
ある方は白内障でかすれた視野が、元のようになり。
またある方は、不随だった足が癒され、再び歩くことができるようになりました。
癒しの奇跡は、どれも、素晴らしいことです。

しかし、神の癒しは、肉体だけに止まりません。

それより遥かに多くの人が、自分の内面についた傷――深く斬りつけ、抉られた傷、焼け爛れた痕、折れて歪んだまま固まってしまった骨、光を失った目――そんな物を引きずり、文字通り血を流しながら毎日、生活しています。
そして悪いことに、こうした傷が障壁となって、愛・友情・信頼・希望・親切・平安といった人生の宝を、素直に受け入れることができなくなっています。

神の癒しは、こうした心の傷をぬぐい去る力もあるのです。

<どうやって…?>


私たちがまずすべきは、Deep Diveです。
まず周囲を忘れ、自分の精神の内面に、深く潜ってみることです。

普段、忙しさの中で、後回しになっている怖れや、悩み。
「日常」に隠されている、あなたの秘密の傷。
「忘れた」と思い込んでいる、過去の憤りや恨み。

Deep Diveして、「現在」の覆いに隠れた「過去」を拾い上げてください。
「友好関係」のカバーの下の「本音」を抱いてください。
歩いてきた道のりを振り返り、そこで失ったもの、傷つけた心に想いを馳せてください。
また、これまで受けた恩、返していない借り、人々の優しさを思い出してください。

そして、それらを自分の前に並べて、主に告白しましょう。
「私は傷ついています。私を癒してください」と。
「私は後悔しています。私を赦してください」と。

主の前で、隠し立てをする必要は、ありません。全てをご存知の方。私たちに何が隠せると言うんでしょう。

しかし、患者がどこが苦しいのか正確に伝えないと、医者が的確に診断・処置できないように。
神さまも、あなたが本当に正直に、自分の傷や後悔を伝えない限り、あなたを癒すことはできないのです。

だから、神の前に謙虚に。自分の仮面を全て脱ぎ捨てて、告白しましょう。

<神はあなたのそばに>
神は礼儀正しく、忍耐強く、あなたの祈りを聴いています。
そして、あなたが求めるなら。必要な癒しを、必ず与えてくださいます。
全ての祈りは聴かれ、そして答えられるからです。

しかし、その「答え」は、耳の痛い「答え」かもしれません。

それは、自分を捨てて家を出た母親の、遅すぎる謝罪を「受け入れなさい」ということかもしれない。
散々苛められ、全人格を否定された義理の母を「労わり、看病しなさい」ということかもしれない。
自分を不登校へ追い込んだ教師や、学友のために「祈りなさい」ということかもしれない。
自分を強姦した肉親を「赦しなさい」ということかもしれない。

考えただけで、怒りと復讐心、悲しみ、人間不信、自己憐憫…。そうした負の想いが、その怨念の叫びを上げ始める。強力なグリップで、あなたの体を締め付ける…。

しかし、その根底にある「傷」、未だに出血している、あなたの傷を癒すためにも。
受け入れなさい。労わりなさい。祈りなさい。そして、赦しなさい。
神はあなたに、そう告げるかもしれませんね。

それは、聖書にこうある通りです。
「…立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます(マルコ11:25)。」

赦せば、赦される。
あなたの置かれた環境が、どんなものであろうと。
どんな嫌な人間に、囲まれていようと。
あなたが赦せば、神はあなたの咎をも、赦してくれるからです。

悔いて、改めれば、受け入れられる。
あなたが今、どれだけ憎まれていて、やるせない想いに包まれていようと。
周囲があなたを、どう誤解して見ていようと。
あなたが悔い改めれば、神はあなたを、喜んで受け入れてくれるからです。

「すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました(エペソ1:4)。」

あなたがどんな人生を歩み、どんな苦境に立たされ、どんな痛みを抱えていようと。
そう。神はあなたを既に選んでおり。そのご計画通り、傷のない者にしてくださいますよ。

<癒された!癒された!>
聖書の中に、こんな話があります。
十人のらい病人が、主イエスの奇跡の力によって、その肉体を癒されたとき。10人のうち9人は、大急ぎで自分の家族のところに向け出発しました。新しい人生!健常者としてやり直せる!あれもしたい、これもしたい…。

しかし、その内の一人、サマリア人の若者は、キリストのところに舞い戻って、大きな声で主を賛美しながら、癒しの業に感謝しました。そこで主がいった言葉は「Arise, go thy way: thy faith hath made thee whole.(立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを完全にしたのです。)KJV 17:19」です。

10人中9人は、主イエスの御名を信じたことから、肉体の癒しを得ました。

しかしこの、サマリア人の若者、キリストに感謝して神を賛美した外国人は。
彼の主への信仰により、肉体だけでなく、心にも癒しを得、完全な者となりました。

私たちも、そうです。主イエスキリストを信じ、その癒しを受けたなら。
神さまに感謝して、完全な者になりましょう。
神の性質に学んで「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制(ガラテヤ5:22)」といった徳に満たされ、より幸福な人生を送りましょう。

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
癒された!癒された

スポンサーサイト
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<荒野で叫ぶ | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 救急車が走ると>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/