後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
「希望」は あなたの中に
2007-07-03 Tue 21:55
<24:00ニュース>
訪問者の皆さんに、質問です。
今日、新聞を読んだ方(「地球防衛家のヒトビト」ではなく、記事ね)?
テレビで/ネットで、ニュースを見た方?

ニュースを見た後で、どう感じましたか。
①幸せ?元気でた?超Happy go lucky?生きる気力が湧いてきた?明日はきっとBetter Day?
それとも。
②世紀末?真面目に生きるのが馬鹿らしい?誰も信用できない?何やってもムダ?お先っ暗?

ニュースの大部分を占める、負の情報に身をさらしてなお、①といえる方は幸せです。
しかし、私たちの大半は、②失望、空しさ、諦めといった想いに、より深く沈み込んでしまうのではないでしょうか。一寸先も見えない闇の中を手探りで歩くような不安が、私たちの内側に巣食い、その版図を広げてゆく…。「This is life…。」

いつ終わるでしょう?
いつ情況が好転するでしょう?
いつ救世主が現れるでしょう?

残念ながら。

終わりません。
変わりません。
現われません。

<ココナツを探しにアラスカへ>
そう。私たちは、様々な手段で幸せになろうとし、心の平安を感じ取ろうと努めてきました。
色々なモノに頼って、希望を見出そうとしてきました。

例えば、経済です。いつか経済が上向いたら。いつかバブル経済が復活したら。いつか日経が続伸したら。
幸せになれるのではないか。
しかし、日々の株価チャートを見ても分かるとおり、経済は上下します。人の意に関係なく、上がったり下がったりします。その変動に依存する限り、上がった時ハッピー、下がった時不幸、常にチャートを見て一喜百憂くらいするわけですね。仮に株で儲けても、いつ失うのかと心労が絶えませんしね。

例えば、政治です。いつか仁義・能力・人脈を併せ持った、優秀なスーパー政治家が出てきて、この国を変えてくれる。そうすれば幸せになれるはずだ。
しかし、完璧な人間などいないように。誰かにとっては素晴らしい政治家でも、他のグループから見れば目の上のたんこぶだったりするわけ。マスコミも悪いことは論(あげつら)うが、良い面、善行、貢献などをわざと見逃して、批判的な姿勢で向かう。誰も超えられない理想像…「Good Enough nobody is…」。

そして例えば、快楽です。旅行、五つ星レストランでの食事、スピードによる興奮、映画、ゲーム、買い物、不毛な肉体関係、アルコールやドラッグ…。ああ、楽しかった。気持ちよかった。スッキリした。
しかし、私たちがこうして現実から逃避している間も、世界は全く変わりません。映画館を出た瞬間。帰りの電車の中で。家のドアを開け、電気をつけた瞬間。月曜朝に目覚めた時。世界は再び、その強力なグリップで私たちを掴み、虜にします。

聖書の中の嘆き王、ソロモンが栄華の果てにこう言っています。
「私は、私の目の欲するものは何でも拒まず、心のおもむくままに、あらゆる楽しみをした。実に私の心はどんな労苦をも喜んだ。これが、私のすべての労苦による私の受ける分であった。
しかし、私が手がけたあらゆる事業と、そのために私が骨折った労苦とを振り返ってみると、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。日の下には何一つ益になるものはない(伝道者2:10~11)。」

…お分かり頂けたでしょうか。私たちの多くが、誤った場所で「希望」や「幸福」といったものを探していることに。まさに、アラスカで、ココナツ探求。
上記のような外部的・物質的要因にのみ頼れば、「手に入れた」と思っても次が、また次があり、心休まることがありません。また、「私が不幸なのは、景気・政治・会社・教師・親…が悪いから」と言ってしまえば、永劫に自己憐憫に浸って、世を儚んで生きることもできるのです。


そうじゃない。と思います。
誰が何と言おうと。
少なくとも、あなたの人生は、そうじゃない。

<あなたと神さま
実に、神さまは、私たちの祈りをよ~く聞いています。
神さまに一心に願えば、私たちの祈りを必ず叶えてくれます。(叶わないのは、エゴ倍プッシュだから?)
そして私たち一人ひとりが、信仰によるすべての喜びと平和で満たされ、感謝にあふれるように、神さまは私たちのすぐそばにいて、希望を与えてくれるのです(ローマ15:13意訳)。

主によって、私たちの心が一新されると、一体どうなるでしょう。

おそらく世界は、身の回りの状況は、全く変わりません。
しかし、私たちはその内面から、希望を見出すことができるのです。

なぜなら、全てが可能な大いなる神、主が、あなたを守り、あなたを導き、あなたを憩わせてくれるから。
天地創造の神が、あなたに期待して、あなたに希望を抱いて、この世に送り出してくれたのだから。
それを知るだけで。それに感謝するだけで…。変わります。

それは、聖書にこうある通りです。
「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリストイエスにあって造られたのです。 神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです(エペソ2:8~10)。」


<Turn to your neighbor and say "You are going to die.">
私たちは有限です。とどのつまり、いつか時が来て、死にます。

死という名の避けられない終焉。そこには例外はありません。どんな富豪も、どんな優秀な科学者も、有名人も、知恵者も、老いて、死ぬんです。
そう。不適切な言い方かもしれませんが、生れ落ちたその日から「私たちは死ぬために生きている。」のです。

…知恵ある者も愚かな者も、いつまでも記憶されることはない。日がたつと、いっさいは忘れられてしまう。知恵ある者も愚かな者とともに死んでいなくなる(伝道者2:16)。

長く生きることが人生目標なら、そんな限界を少しでも乗り越えるべく、現代のハイテク延命技術でギリギリ目一杯まで努力し、機材につながれて朦朧と120歳まで生きることもできるかもしれません。しかし、そんな生に一体何の意味があるんでしょう?

「なぜ生きるのか。」

その理由を知らないと、私たちは文字通り「死ぬために生きる」だけなのです。

神さまが備えてくださった、あなたの果たすべき「良い行ない。」
あなたにしか与えられていない、人生目標。

それは、他の誰にもできないこと。
他の誰にも、代われないポジション。
他の誰にも、任せられない大役。
そう。それは、あなたにしかできません。

それを、主に聞いて、見つけてください。
その人生目標に従って、生きてください。
そこには、私が、あなたが求めて止まなかった「希望」が、必ず用意されていますから。

あなたも「イエス!」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<神との邂逅(Encounter)シリーズ | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 神のみことば 第二章 第一~四節>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。