後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
朗読 神のみことば:第一章 旧約聖書
2007-06-19 Tue 22:50
神のみことば 第一章:旧約聖書 
第一節:詩篇

今日は第一章 第一節を読みます。

(「神のみことば」、また冊子については、神のみことば <はじめに>をご覧下さい。また「続きを読む」内にテキストもあります。)

神のみことば 第一章 第一節 I を聴く(2095.5K)

神のみことば 第一章 第一節 II を聴く(1656.7K)

神のみことば 第一章 第一節 III を聴く(1697.6K)

神のみことば 第一章 第一節 IV を聴く(2541.3K)

*上記クリックされますと、MSメディアプレーヤーなどのソフトが起動し、音声を聴くことができます(右クリック→「別のタブ/ウィンドウで開く」がお勧めです。)

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

ごとう ひでたか 拝

詩篇

幸いなことよ。 悪者のはかりごとに歩まず、
罪人の道に立たず、
あざける者の座に着かなかった、その人。
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、
昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。
時が来ると実がなり、その葉は枯れない。
その人は、何をしても栄える。1:1~3

あなたは私の心に喜びを下さいました。
それは穀物と新しいぶどう酒が
豊かにあるときにも勝っています。
平安のうちに私は身を横たえ、すぐ、眠りにつきます。
主よ。あなただけが、私を安らかに住まわせてくださいます。4:7~8

御名を知る者はあなたに拠り頼みます。
主よ。あなたはあなたを尋ね求める者を
お見捨てにはなりませんでした。9:10

私はいつも、私の前に主を置いた。
主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。
それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。
私の身もまた安らかに住まおう。16:8~9

主はわが巌、わがとりで、わが救い主。
身を避けるわが岩、わが神。
わが盾、わが救いの角、わがやぐら。
ほめたたえられる方、この主を呼び求めると、
私は、敵から救われる。18:2~3

あなたは、恵み深い者には、恵み深く、
全き者には、全くあられ、
清い者には、清く、
曲がった者には、ねじ曲げる方。
あなたは、悩む民をこそ救われますが、
高ぶる目は低くされます。18:25~27

天は神の栄光を語り告げ、
大空は御手のわざを告げ知らせる。
昼は昼へ、話を伝え、
夜は夜へ、知識を示す。
話もなく、ことばもなく、その声も聞かれない。
しかし、その呼び声は全地に響き渡り、
そのことばは、地の果てまで届いた。19:1~4

主は私の羊飼い。
私は、乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏せさせ、
いこいの水のほとりに伴われます。
主は私のたましいを生き返らせ、
御名のために、私を義の道に導かれます。

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、
私はわざわいを恐れません。
あなたが私とともにおられますから。
あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、
私の頭に油をそそいでくださいます。
私の杯は、あふれています。
まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。
私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。23:1~6

主は、いつくしみ深く、正しくあられる。
それゆえ、罪人に道を教えられる。
主は貧しい者を公義に導き、
貧しい者にご自身の道を教えられる。
主の小道はみな恵みと、まことである。25:8~10

私を弁護してください。主よ。
私が誠実に歩み、よろめくことなく、主に信頼したことを。
主よ。私を調べ、私を試みてください。
私の思いと私の心をためしてください。26:1~2

私は一つのことを主に願った。
私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。27:4

…私の骨髄は、夏の日照りで乾ききったからです。
私は、自分の罪を、あなたに知らせ、
私の咎を隠しませんでした。
私は申しました。
「私のそむきの罪を主に告白しよう」
すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。32:4~5

悪者には心の痛みが多い。
しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。
正しい者たち。 主にあって、喜び、楽しめ。
すべて心の直ぐな人たちよ。 喜びの声をあげよ。32:10~11

主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、
たましいの砕かれた者を救われる。
正しい者の悩みは多い。
しかし、主はそのすべてから彼を救い出される。
<中略>
主はそのしもべのたましいを贖い出される。
主に身を避ける者は、だれも罪に定められない。34:18

主に信頼して善を行なえ。
地に住み、誠実を養え。
主をおのれの喜びとせよ。
主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にゆだねよ。
主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
主は、あなたの義を光のように、
あなたのさばきを真昼のように輝かされる。37:3~6

幸いなことよ。
弱っている者に心を配る人は。
主はわざわいの日にその人を助け出される。
主は彼を見守り、彼を生きながらえさせ、
地上でしあわせな者とされる。
どうか彼を敵の意のままにさせないでください。
主は病の床で彼をささえられる。
病むときにどうか彼を
全くいやしてくださるように。41:1~3

わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。
御前で思い乱れているのか。
神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。
御顔の救いを。42:5

神へのいけにえは、砕かれた魂。
砕かれた、悔いた心。
神よ。あなたは、それをさげすまれません。51:17

あなたの重荷を主にゆだねよ。
主は、あなたのことを心配してくださる。
主は決して、正しい者がゆるがされるようには
なさらない。55:22

私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。
人が、私に何をなしえましょう。<中略>
あなたは、私のいのちを死から、
まことに私の足を、つまずきから、
救い出してくださいました。
それは、私が、いのちの光のうちに、
神の御前を歩むためでした。56:11~13

神よ。まことに、あなたは私たちを調べ、
銀を精錬するように、私たちを練られました。
あなたは私たちを網に引き入れ、私たちの腰に重荷を着けられました。
あなたは人々に、私たちの頭の上を乗り越えさせられました。
私たちは、火の中を通り、水の中を通りました。
しかし、あなたは豊かな所へ 私たちを連れ出されました。66:10~12

…きょう、もし御声を聞くなら、<中略>
あなたがたの心をかたくなにしてはならない。95:7~8

わがたましいよ。主をほめたたえよ。
私のうちにあるすべてのものよ。
聖なる御名をほめたたえよ。
わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

主は、あなたのすべての咎を赦し、
あなたのすべての病をいやし、
あなたのいのちを穴から購い、
あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
あなたの一生を良いもので満たされる。
あなたの若さは、わしのように、新しくなる。103:1~5

天が地上はるかに高いように、
御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。
東が西から遠く離れているように、
私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。
父がその子をあわれむように、
主は、ご自分を恐れる者をあわれまれる。
主は、私たちがちりにすぎないことを
心に留めておられる。103:11~14

主は直ぐな人たちのために、光をやみの中に輝かす。
主は情け深く、あわれみ深く、正しくあられる。112:4

家を建てる者たちの捨てた石。
それが礎の石になった。
これは主のなさったことだ。
私たちの目には不思議なことである。
これは、主が設けられた日である。
この日を楽しみ喜ぼう。118:22~24

主よ、あなたのおきての道を
私に教えてください。
そうすれば、私はそれを終わりまで守りましょう。
私に悟りを与えてください。
私はあなたのみおしえを守り、
心を尽くしてそれを守ります。
私に、あなたの仰せの道を踏み行かせてください。
私はその道を喜んでいますから。
私の心をあなたのさとしに傾かせ、
不正な利得に傾かないようにしてください。
むなしいものを見ないように私の目をそらせ、
あなたの道に私を生かしてください。
あなたのことばを、あなたのしもべに果たし、
あなたを恐れるようにしてください。
私が恐れているそしりを取り去ってください。
あなたのさばきはすぐれて良いからです。
このとおり、私は、あなたの戒めを慕っています。
どうかあなたの義によって、私を生かしてください。119:33~40

苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。
私はそれであなたのおきてを学びました。
あなたの御口のおしえは、私にとって
幾千の金銀にまさるものです。
あなたの御手が私を造り、私を形造りました。
どうか私に、悟りを与えてください。
私があなたの仰せを学ぶようにしてください。119:71~73

私は山に向かって目を上げる。
私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
主は、あなたの足をよろけさせず、
あなたを守る方は、まどろむこともない。
見よ。イスラエルを守る方は、
まどろむこともなく、眠ることもない。121:1~4

涙とともに種を蒔く者は、
喜び叫びながら刈り取ろう。
種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、
束を抱え、喜び叫びながら帰って来る。126:5~6

私は主を待ち望みます。
私のたましいは、待ち望みます。
私は主のみことばを待ちます。
私のたましいは、夜回りが夜明けを待つのにまさり、
まことに、夜回りが夜明けを待つのにまさって、
主を待ちます。130:5~6

主よ。あなたは私を探り、
私を知っておられます。
あなたこそは私のすわるのも、
立つのも知っておられ、
私の思いを遠くから読み取られます。
あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、
私の道をことごとく知っておられます。
ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、
あなたはそれをことごとく知っておられます。139:1~4

神よ。私を探り、私の心を知ってください。
私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、
私をとこしえの道に導いてください。139:23~24

私の叫びに耳を留めてください。
私はひどく、おとしめられていますから。
どうか、私を迫害する者から救い出してください。
彼らは私より強いのです。
私のたましいを、牢獄から連れ出し、
私があなたの御名に感謝するようにしてください。
正しい者たちが私の回りに集まることでしょう。
あなたが私に良くしてくださるからです。142:6~7

あなたのしもべをさばきにかけないでください。
生ける者はだれひとり、
あなたの前に義と認められないからです。143:2

主は倒れる者をみなささえ、
かがんでいる者をみな起こされます。145:14
スポンサーサイト
別窓 | 朗読:主の福音 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Ocean will part | キリストの愛を 超多忙なあなたに | カナン人の女>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。