fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
朗読:神のみことば はじめに
2007-06-15 Fri 18:07
神のみことば <はじめに>

本冊子を手にとって頂き、まことにありがとうございます!

「神のみことば」は前作「主の福音」の続編として、旧約・新約聖書より、こころに響く章節を取り上げ、まとめたものです。

この冊子は、あなたが遠大な聖書の旅の中で向き合う、あの山の頂や、古い大樹、歴史ある湧き水、苔むした巨岩…先人たちの足跡が刻んだトレイル(道筋)で、あなたが見いだすであろう史跡を、少しですが共有することを目的としています。

焦点となる聖書のことばと、その章節の番号が振ってありますので、いつでも聖書から参照できます。簡単なインデックス代わりにも、ご利用いただいてはいかがでしょう。

<「みことば」 とあなた>

「わが神、主よ。あなたがなさった奇しいわざと、
私たちへの御計りは、数も知れず、あなたに並ぶ者はありません。
私が告げても、また語っても、それは多くて述べ尽くせません(詩篇40:5)。」

聖書にこうあるように、この冊子に掲載できたことは、本当に限定されたものです。しかし、皆さんの中に「聖書のメッセージとは、こういうものなんだ」という理解と、「興味」という種を植えることは、主にあってできると考えています。

ですから、「宗教」という線引き、また社会の既成概念を一度取っ払って、「聖書の章節があなたの人生にどう働きかけ」「先人たちの知恵が、あなたの現状にどんなメッセージを投げかけるか」を、経験していただきたいのです。

<聖書へのいざない>

しかし、この冊子が達成したゴールは、あくまでも「ダイヤモンドの一面」、「富士山の写真」、「あなたの履歴書」的な表現でしかありません。

つまり、無数に、それこそ限りなくあるダイヤモンドの輝きの、ほんの一面をとらえたもの。
季節ごと、いや時間ごとに違う表情を見せる富士山の、ほんのワンスナップ。
喜怒哀楽に彩られたあなたの人生を、たかがA4x2枚程度で表現しようとした、まとめ。

ですから、各章節が書かれた時代背景や、筆者の置かれていた状況を知れば、聖書のメッセージが単なる名言集ではなく、生きて、苦しんで、悩みぬいた人間が絞り出した声であることにも気付くはずです。そこまで辿りつくのは、単に名言を聞いたり、暗記するレベルから、さらに飛躍する必要があります。時間も労力もかかる仕事です。でもそれは、ご自分の興味が高まり、また聖書を購入されてから、少しずつ探求されてみてはいかがでしょう。

「これまでキリスト教に触れたことがない」
「聖書は読みかけたが途中で挫折した」
宗教なんてみんな嘘っぱちで、弱い人を騙すいかがわしいものだ」

というようなご意見の方に、お勧めできる冊子に仕上がったと思います。人生の谷間や嵐を経験した方なら誰でも、同じ想いを馳せることができる、先人たちのことばが詰まっておりますので。

そして今後、この冊子に従って朗読を行なっていきます。お時間ある時、また付き合ってくださいね。よろしくお願いします。

今日があなたの人生を変える、とても大切な日になることを、信じ、期待して。お祈りしています。

ごとう ひでたか 拝

神のみことば


神のみことば をダウンロードする (pdf 978.6K)
スポンサーサイト




別窓 | 朗読:主の福音 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<その男、ヨブ | キリストの愛を 超多忙なあなたに | End Times: 今、地球規模で>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/