fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
病人に手を置けば癒される
2007-05-27 Sun 20:15
スリランカはコロンボの郊外、People's Churchで。今日はビジターであるデヌワン牧師が、まだ若かったころ病院であった経験を話してくれました。

幼い女の子が危篤で、状態が思わしくないのを、彼は離れたところから見ていました。そして、神さまに祈りました。「彼女を癒して、健康にしてあげてください。」

そして、こう思ったのです。「もしこの祈りが効いて、あの子が直ったら、両親の元に出て行って『私の祈りは聞かれた!ハレルヤ!』と言おう。」

しかし、その子はぜんぜん良くなりませんでした。

そこで彼は、神さまの声を聞いたのです。「私の癒しは、あなたを通して発揮される。しかし、あなた自身が信じて行動し、彼らの前で証しなければ駄目だよ。」と。


別の機会で。長く入退院を繰り返していた老婆と、その家族に行き会った牧師。彼はその時、決意半分・不安半分で、彼女の癒しを祈りました。

しかし、残念なニュースです。そのおばあちゃんは次の日、死んでしまいました…!
でも、彼女の家族はみんな、喜んだのです。

どうして?
おばあちゃんはそんなに嫌な人で、身内から嫌われてたの?
それとも保険金・遺産目当て?


そこで牧師が詳しく話を聞いてみると。家族の方たちはこう話してくれました。

「うちのおばあちゃんは、もう5年もガンで苦しんでいたんです。老齢なのでガンの発達は遅いのですが、それでも病魔は着実に、おばあちゃんの命を蝕んでいました。普段、表には出しませんでしたが、その痛みはとても耐えがたいものだったはずです。

そんなおばあちゃんが、昨日、あなたの話を聞いて、幸せそうに笑ったんですよ…!人生の最後で、苦しみに勝る、喜びと感謝を取り戻したんでしょう。
そして逝くときも、おばあちゃんは穏やかな微笑を浮かべていました。

先生…、どうもありがとうございました。」


神さまの意図は、人間的な理解を、はるかに超えているものです。
だから、もしあなたの知り合いに、病人がいたら。迷わず手をかざして、祈ってあげましょう(偉大な人体実験です…。)

真摯な祈りは必ず聞かれており。
たとえ現代医療が見放そうと。神さまには何だってできると、私たちは信じているからです。

あなたも「イエス!」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
あなたとともにいる

スポンサーサイト



別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ペンテコストの日 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 神さまの仕事>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/