後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
私は信じた。それゆえに語ったII
2007-05-26 Sat 18:40
前回からの続き。

神さまはあなたのそばに>
神さまは他人行儀な方ではありません。私たちから遠く離れ、はるか高所から罪にまみれた俗世間を見下し、「私が聖なる存在なんだから、あんたら被造物も聖なる存在になんなきゃダメ」という押し付けの神々でもありません。

彼自身、人間としてこの世界に降り立って、人として、人に迷い、人として、人に傷つきました。人としての喜怒哀楽をすべて味わい、肉体の耐えられる限界の痛みに耐えて、ついにその命を十字架の死に明け渡しました。今から約2000年前の、ゴルゴタの丘で。
彼は生前、癒しの奇跡と共に、たくさんの「幸せに生きるノウハウ」を、私たちに残していってくれました。

それは、「あなたを愛してくれている神について知り、愛しなさい。」ということ。そして、
「あなたの隣人を愛しなさい。」「自分にしてもらいたいと望むとおり、人にもそのようにしなさい。」ということです。
聞いたことある?使い古されたことわざ?現代の競争社会では、役に立たない理想論?

いいえ。この荒んだ現代社会だからこそ。この主イエスのシンプルな、しかしパワフルなことばが必要なのです。

誰もがMe 1st、「私に注目!」「私を尊敬して!」「理解して!」「求めて!」「愛して!」くれなきゃヤダ!!と叫んでいる中で。
私たちのために死んでくれた主は、まず「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。」と言うのです。

注目されたければ、まず他人に注目しよう。尊敬されたければ、まず他人を尊敬できるよう、彼のしていることをよく観察して、長所を認めよう。理解されたければ、まず相手の話を聞いて、理解しよう。求められたければまず求め、愛されたければまず愛そう、と。

それはすなわち、「自分の人生を、より幸せに、満たされて生きる」ための、最高の処方箋です。

<「与える」ということ>
「与える」という行為が、優しい言葉や励まし、アドバイス、支える手の場合もあります。お金や物の場合もあります。しかし、今日はその内でもっとも簡単で、誰にでもできて、しかも強力なものを、皆さんと共有したいと思います。

それは「祈り」です。

まずは簡単な例として、皆さんの肉親や、友人から始めてみましょうか。皆さん、目を閉じてください。

例えば、山形のおばあちゃん。もう2年も会ってないわ…。元気にしてるかしら。
海外でがんばっている妹。
病気で入院した広島のおじさん。
仕事で帰りが午前2時の、お父さん。
クラスで仲間はずれの綾ちゃん。
抗がん剤治療に苦しんでいる、元同僚の菊池さん。
糖尿病で週2回、人工透析を受けなければいけない、義理の兄さん。
過去に、知らずに傷つけてしまった、友人たち。

言葉に出さずとも結構です。彼らの顔を思い浮かべて、彼らの健康と、幸せと、こころの平安を、神さまに祈りましょう。わだかまりがあって、まだ謝っていないのなら、いま、神さまに告白して謝ってしまいましょう。
決まったせりふなんぞありません。あなたの言葉で、神さまにお願いしてみてください。


<あなたの祈りは聞かれている>
祈り終えて。
どう感じましたか?彼らの微笑む顔が、見えましたか?
あなたの肩から、少しだけ、力が抜けましたか?
あなたの心に、少しだけ、安らぎが来ましたか?

もしそうだとしたら。
あなたの祈りは今、確かに、神さまに聞かれました。
そして同時に、あなたは今、確かに、神さまの手に触れられたのです。

こうした心の平安と幸せで、私たちを満たしてくれる方、主イエスキリスト
彼が、あなたが望みさえすれば、これから先の人生を、あなたと一緒に歩んでくださいます。
どんなに厳しい状況で、光が見えない中でも。
彼が必ず一緒にいて、あなたを支えてくれます。

<人生の転機…。次はあなたの番です。>
そんな主イエスキリストを、自分だけの救い主として認め、受け入れたい。
自分が一体何者で、何をなす為にこの世界に生まれたのか、知りたい。
主にあって、これから先の人生を、もっと幸せに、満たされて、生きてみたい。

そう思った方。あなたがたのためにお祈りしたいので、手を上げてください。
もし手を上げるのが恥ずかしかったら、顔を天に向けて、自分の心の手を、天にさし伸ばしてください。

あなたの為に、お祈りします。

一人でも多くの方が、主イエスに会い、その慈しみと愛を知ることができるように。あなたの祈りも、貸してくれますか…?
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
あの十字架ゆえに

スポンサーサイト

別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<MY will be done on earth as in heaven | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 私は信じた。それゆえに語った>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。