fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
<ああ、教授>
2007-05-19 Sat 18:34
日本の新聞を読んでいた時のことです。こんな記事がありました。

大学の教授が授業を終えて、生徒からこう訊かれました。
「こんなこと勉強して、意味あんですか。」
=つまり、「なぜ」勉強するのか。

その先生の記事の後半は、残念ながら、生徒に対する憤慨と、最近の若者のヤル気ない態度に対する警鐘の、オンパレードでした。


でも教授、あなたは授業のDay1から、自分の頭の知識のコピーを押し付けるだけで、「なぜ」この学問が有益なのか。「なぜ」この学問を学ぶ意義も、価値もあるのだということを、教えなかったんですか。

「なぜ」というのは生徒が聞ける質問の中で、最高のものです。
「私(生徒)たちのこれから長い人生の中で、あなた(教授)の持っている知識がどう役に立つのか。」というのは、「単位を取る」以上のことを望んでいる生徒の誰もが、知りたがることではないでしょうか。

先生の教える「枝葉末節」ではなく、その学問の「根幹」を知ろうとする、真摯な質問ではないでしょうか。

それを説明せぬまま、ただ盲目に全力疾走して。生徒たちがついて来ているのかいないのかも確認しなければ。
生徒が「?」なのも頷けます。

その事実に対して憤慨するなど、自分で「私は無能な講師です」と宣言しているようなものではありませんか。

ただ先生の話を聞いて、ノートを取るだけの生徒に、慣れてしまっていませんか。
(その言い方はともあれ)マンネリズムを崩すヒント、更なる成長へのヒントをくれた勇気ある生徒に、感謝するべきだったかもしれません。

神さまは予想外のソースから、現状打破・更なる高みへのヒントをくれることも多いのです。
それを謙虚に、感謝して受け取るか。つばを吐いて当り散らすか。そこで先生の、教師として、また人間としての成長の限界が、決まってしまうのではないでしょうか。

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト




別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<聖書、この偉大なる本> | キリストの愛を 超多忙なあなたに | <信仰の祈りVer.2>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/