fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
主の福音 第四章 第一節~第二節
2007-05-13 Sun 20:55
主の福音 <The Good News> 朗読

今日は第四章 第一節~第二節までを読みます。

(「主の福音」、また冊子については、主の福音 <はじめに>をご覧下さい。また「続きを読む」内にテキストもあります。)

主の福音 第四章 第一節を聴く (1067.5K)

主の福音 第四章 第二節 を聴く (1882.6K)

*上記クリックされますと、MSメディアプレーヤーなどのソフトが起動し、音声を聴くことができます(右クリック→「別のタブ/ウィンドウで開く」がお勧めです。)

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

ごとう ひでたか 拝

主の福音 第四章 家を建てる者たちの捨てた石

第一節:暗転

ベタニヤ中に、ラザロ復活のニュースが知れ渡りました。その場に居合わせた村人たちも、また聞きのゴシップ好きも含めて、噂は噂を呼んで広がっていきました。そうした噂がファリサイ人たちに届くと、彼らは苦い顔で、でも仔細を確認するように、村人たちから主イエスのしたことを聞いていました。

その後、祭司長とファリサイ人たちは、緊急議会を召集して言いました。「われわれは何をしているのか。あの者が多くのしるしを行なっているというのに。もし彼をこのまま放っておくなら、全ての人が彼を信じるようになる。するとユダヤ人の調和が乱れ、その騒ぎに乗じてローマ人がやって来て、我々の国、エルサレムを奪い取ることだろう。」

その年の大祭司であったカヤパは、濃い髭の奥でにやりとして、ざわめく議会に言いました。「イスラエルが滅びないように、一人の人間が滅びれば済むこと…。彼が本当に『救世主』ならば、民衆のために喜んで命を捨てるだろう。」
そこでファリサイ人たちは、その日から、イエスを殺すための計画を立て始めたのです…。

彼らの不穏な動きを知っていた主は、その後ユダヤ人たちの間を公然と出歩くことを避けて、弟子たちと一緒に地方都市エフライムという町に滞在しました。


第二節:エルサレムへ ~ ユダの裏切り

その後、主イエスは自分の時が迫っているのを見て、過越祭の準備に賑わうエルサレムへと進んで行きました。その道中、イエスは二人の弟子に、ロバの子ども、それもまだ誰も乗ったことのない子ロバを、借りてくるように告げました。

二人がそれを連れて来ると、弟子たちはロバの背に自分たちの上着を敷いて、主イエスを乗せしたのです。
ロバの子がゆっくり田舎道を進んで行くと、人々は道に自分たちの上着を敷き始めました。また、手近かな枝を切り落とし、緑の葉で道を埋め尽くしました。

イエスご一行がオリーブ山のふもとに近づいたとき、付き従っていた弟子たちと、道の傍らに立ち並ぶ群衆はみな、キリストの行なった全ての奇跡や癒しのことで、大声で神を賛美して、こう謳いました。

「ホサナ!!祝福あれ。
主の御名によって来られる王に。
天には平和。栄光は、いと高き所に。」

その祝福の叫びを聞きながら、ファリサイ人や律法学者たちは、苦虫を噛み潰したような表情をしていました。彼ら、ユダヤ人指導者層は、イエスを亡き者にするための良い方策を捜していました。というのも、表立ってことを起こせば、周囲からどのような反応があるか――彼らはこの救世主に熱狂する民衆を、少なからず恐れたのです。

そんな時、十二弟子の一人で、イスカリオテと呼ばれるユダに、サタンが入りました。ユダはキリストの弟子たちの中で、実は最も信頼されていた者の一人で、経理業務などを一任されていたにもかかわらず。彼の中には、主イエスに対する反骨心のようなものまで芽生えていたのです。

「イエスの行ない、彼のことばは、確かに素晴らしい。しかし、本当に死を前にしたら、主も一人の人間として、命乞いをするのではないか?」

そこでユダは出かけて行って、ユダヤ人指導者たち、つまり祭司長や宮の守衛長たちと、どのようにしてイエスを彼らに引き渡すか相談しました。渡りに船と、彼らは喜んで、ユダに金をやる約束をしたのです。そして周囲に群衆のいないときに、主を引き渡すべく、虎視眈々と機会を覗うようになったのです…。

さて、過越祭が来ました。イエスは「わたしたちの過越の食事ができるように、準備をしに行きなさい。」と言って、ペテロとヨハネを遣わされました。

彼らは主に、「どこに準備しましょうか。」と質問すると、イエスは答えました。「町にはいると、水がめを運んでいる男に会うから、その人が入る家までついて行きなさい。そして、その家の主人に、『弟子たちと一緒に過越の食事をする客間はどこか、と先生があなたに言っておられる。』と言いなさい。

すると主人は、席が整っている二階の大広間を見せてくれます。そこで準備をしなさい。」
彼らが出かけて見ると、全てがキリストの言われた通りになりました。それで、彼らは過越の食事の用意を始めました。
スポンサーサイト



別窓 | 朗読:主の福音 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<主の福音 第五章 第一節~第四節 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | <神のコンタクト>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/