後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
<飛びたいんです、神さま>
2007-05-09 Wed 17:03
JENのコロンボ事務所に、小鳥のカップルが巣を作りました。空っぽの第二車庫の、可動ゲートのレールの上に。
巣の中にはまだ羽根の生え揃わない、ヒナが口を開けて親鳥たちの帰りを待ちます。
そしてここ数日、その内の2羽が、その小さな翼を打ち震わせて、飛び立つ練習を始めたのです。
その日から、私の戦いが始まりました。

残念なことに、このヒナたちは、彼らが想像しているように飛ぶことは、まだできません。
力いっぱい羽ばたいても、良くて水平飛行。少しでも力を抜けば、下り坂です。
幸い、落下の衝撃を殺すくらいはできるので、落ちて死ぬことはありませんが、地面に落ちてから再び2.5メートルほどの高さまで飛び上がることは、まだ到底できません。


こうした野生の命は、一つのミスが即、死につながることは、皆さんご存知の通りです。
食料がない。天敵に襲われる。直射日光で干からびる。車に轢かれる。雨に打たれて死ぬ。
そう、巣から落ちたヒナが、敗者復活を遂げる例は、殆どないのです。


私がそんな生命の営みに干渉することは、出すぎたことだったのかもしれません。

しかし、倉庫に手ごろな梯子があって。
ヒナが地面でしゃがみこんでいたら。

誰でも手を貸したのではないでしょうか。

<救っても、救っても>
2羽の兄弟(推定年齢人間にして5歳と、3.5歳)が、飛行訓練を始めてから。特にお兄ちゃんが辛うじて水平飛行ができるようになると、弟も居ても立ってもいられなくなって、飛んでしまうんです。

そして、案の定落っこちて。地面にへたり込んで、ただ親鳥に向かって泣き叫ぶのです。

日中の暑い盛り、日の下でじっと焼かれていた弟ヒナを、2度巣に返しました。兄ヒナも一度。
夕方、突然の雷雨が襲う手前で、再度弟ヒナを巣に戻してやりました。

周囲が暗くなると、自動的に眠くなるのか。それとも、地面でへたり込んで、泣き疲れていたのかは知りませんが。巣に戻ったヒナは、すぐまぶたを閉じて、眠ってしまいました。

それから私は、毎日日が落ちて、ヒナたちが寝る時間まで、事務所に拘束されることになったのです。

<でも、私たちも同じ>
そんな私が気付かされたのは、「神さまの目には、多分、人間も同じではないか」ということです。
神さまは、私たちに益になるようにと、様々な助けと、導き、気付きを与えてくれています。
しかし、「親の心子知らずNG」で、私たちあらぬ方向へと、自分勝手に進んで行ってしまいますね…。

私たちが、まだ満足に飛べないとき。失敗すれば大変なリスクを背負うことになっても、周囲の状況や、外野の声や、誘惑に負けて、飛んでしまったことが、何度あったことでしょう。

振り返ってみて、「何であんな馬鹿なことをしたのか」と笑うか、泣くか。後悔はしてなくても、もし今「ゴメンね」と言えたのなら…と思ってしまうこと、幾つあったでしょう。(それって後悔?)

恐らく、神さまがその手で「そっちへ行っては行けないよ」と道を塞いでも、私たちは盲目にその手を迂回して、進んでしまうんでしょうね。何度「後2~3日、成長するのを待ってから飛びなさい。いいね?」と言われても、私たちは理解できずに飛んでしまう…。


でも、神さまはそこで、私たちを見捨てずに。

必要なとき、地面で途方に暮れる私たちを、拾い上げてくれるのです。
私たちが暗やみで「助けてください」と叫ぶとき、光をかざしてくれるのです。
ありえない「敗者復活」を遂げさせ、真新しい人生を始めさせてくれるのです。
砕けてしまったこころを、拾い集め、つなぎ合わせて、完全にしてくださるのです。

私たちがかつて、経験したことのない、「愛と赦し。」
それを、この生き辛い現世ですら、感じさせてくださるのが、神さまなのです。


「感謝しろよ」と言っても、しようのない生命。
でも、その兄弟ヒナもいつか成長して、JENに戻ってくるでしょう。

救われた一つの命が、更にたくさんの命を、この世界にもたらすように。
神さまの手に触れられた私たちも、更にたくさんの実りを、この世界にもたらすのです。

イザヤ55:9~12
「天が地よりも高いように、わたしの道はあなたがたの道よりも高く、
わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。
雨や雪が天から降ってきて元に戻らず
必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、
種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。
そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、
むなしく、わたしのところに帰っては来ない。
必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。
まことに、あなたは喜びを持って出て行き、安らかに導かれていく。」

あなたも「イエス!」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト

別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<私たちは「OO世代」ではない> | キリストの愛を 超多忙なあなたに | <本当に確かなもの>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/