fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
<Q5. 罪とは何ですか>
2007-04-16 Mon 13:57
<Q5. 罪とは何ですか。そして、神はなぜ人間を、罪を犯さないように造らなかったのでしょうか。>

この社会で言う罪とは、「殺人」や「強盗」、「業務上過失致死」「収賄」などなど、法律が悪と定めたものです。それに対する刑罰も刑法で定義されています。

それに対して、私たちが「罪」と呼ぶものは、こうです。
「自分が神であるかのように『この世を思うままにしたい』という願望」

それは、例えば事業が予定通りに進捗しないことへのストレス。上司が事業計画を握りつぶし、お蔵入りさせたことへの怒り。彼氏が自分のために時間を取って、話を聞いてくれないことへの不満。鬱屈した思いを、なぜ親/他人は分かってくれないのか、という憤り。なぜ世界が「Better Place」ではないのか、という失望…。

自分の意見を振りかざし、周囲が従わなければ逆上し、暴力を振るい、ヒステリックにわめき散らす。そんなある種、駄々をこねる子どものような想い。それが、私たちの呼ぶところの「罪」です。

そして、そんな不遜な想いが結局、家庭不和、不倫や、児童虐待、いじめ、嫉妬などという「不幸」につながるのです。

<与えられた選択肢>
神さまは、なぜ私たちしもべが、罪を犯さないで正しく生きるように、創らなかったのでしょうか。なぜ「罪を犯す」「闇を愛する」選択肢まで、与えてくれたのでしょうか。

例えば、私たちが神さまの指示通りに動き、何でもインプットされたことをこなす存在だとしましょう。まるでロボットです。最近の癒し系ロボット犬は、プログラム通り、あなたの傍にいて、0と1でもってあなたに気遣う――フリをしてくれます。そして家の中で粗相(小とか、大)はしません。夜半に吠え出したり、カーペットをかじったり、靴を隠したりもしません。ベッドの上に寝てみたり、家の中に泥足で入ってしまったりなんて、論外です。

でも本物の犬には、こんなトラブルは日常茶飯事ですよね。

同様に、人間も悪さをしますし、道から外れて遠く迷い出てしまいます。しかし、そんな「本物の」人間だからこそ、神さまは私たちを愛して下さっています。
長いさすらいの後で、私たちが神の愛に行き着いて、神さまの御許に帰って来ること。そして強制されてではなく、自分の本心から、「主よ。私は信じます」「私はあなたを、愛しています」と、言えるようになること。それが、神さまが私たちをロボットにしてしまわなかった、最大の理由だと思います。

あなたは「イエス!」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト




別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<Q6. 洗礼を受けて信者になったら、罪を犯さなくなるのでしょうか> | キリストの愛を 超多忙なあなたに | <Q4. 神といっても、結局は人間の考え出したものではないでしょうか。>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/