fc2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
こんな「しょ~もない」人類を、神さまは愛せるのか
2007-04-08 Sun 18:00
イエスキリストの愛と恵みについて、ある読者とブログ上で話をしていた時、こんな質問がありました。
「『神さまは人を愛している』って言いますが、戦争や自然環境破壊、動物の種族絶滅などの罪を――取り返しのつかない罪を――犯している人間を、本当に愛せるのでしょうか」

そうですね。

悪に染まった人間はいる。
富貴や権勢を愛する勢力が、この世界を支配している。
コーランや聖書に、彼らの隆盛も予言されている。

そして、彼らの隆盛に続いて来る、世界終焉の兆候も。
今日、確かに、数多く見受けられます。


世界には現代医療で扱えない病が横行し、またスペイン風邪(過去に大流行した“鳥インフルエンザ”の一種。世界人口の50%が発症した)の再来があるのでは、と医療関係者は毎年恐々としている。
キリスト教徒を名乗る大統領が、中東に侵攻し「報復戦」と称して大量虐殺を行なったこと。それによって新たに、怒りに燃える遺族や戦争孤児など、かつて無いほど可能性テロリスト人口が増加した。
異常気象。水害、旱魃(かんばつ)。特に、これまで内戦などで疲弊してきた南アフリカの国々では、環境変化に人命が大きく影響され、食糧難・水不足から、今この一瞬にも生命が喪われている。

「文明」「経済発展」「人間らしい生活」――そうした名目で、人間が追い続け、駆け足で登りつめ。結果自分で招いてきた、多くの弊害。神さまは、そして地球は、一体いつまで、私たち人類の勝手気ままな横暴を、許してくれるのでしょうか。


そう、考えれば考えるほど、ネガティブなのです。
1000年先、いや100年先を望むことが、困難なほど。
人類の未来は確かに「お先真っ暗」なのです…。


<人類の終焉の時に>
ヨハネの黙示録の中で、主イエスキリストはこう言っています。

「わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精錬された金をわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現さないために着る白い衣を買いなさい。また、目が見えるようになるため、目に塗る目薬を買いなさい。
わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい(黙示3:18~19)。」

私たちにそう忠告した上で、主は続けます。

「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。
勝利を得る者を、わたしとともにわたしの座に着かせよう。それは、わたしが勝利を得て、わたしの父とともに父の御座に着いたのと同じである。(黙示3:20~21)」と。


上記の、この二つをつなぐ物は、一体何でしょう。
①世紀末色に塗りつぶされた、この世界。絶望と恐怖に溢れた、この現代社会。
②そして、主が示された救いへの道…。

それは、こういうことではないでしょうか。


<自分自身を守り、救うために。完全なる自己中心的動機によって>
まず私たち一人ひとりが、神さまが与えてくださった地球、自然、生命の重さ、そういったものを再認識すること。
自然を守り、周囲で緑を増やす努力をすること。
生命の危険や、困窮に喘いでいる人たちを、一人でも多く支えてあげること。
これまでの大量消費・大量廃棄の生き方を改めて、まず自分自身のために、自分の家族のために、できることを始めること…。
愛を広めるために、まず自分の家族を労わり、困っている友人の話を聞き、知り合いに近況報告のメールを出すこと。

世界を変えるために私たちができることは、何も難しいことではありません。
政治学、開発学の博士号が必要なことでは、全く無いのです。
スーパーヒーローは、この際不要です。私たち100人の、小さな努力、毎日繰り返される小さな心配り、奉仕の方が、一人の英雄の努力に絶対勝っているのですから。


日々の困難に負けず、信仰と希望をしっかりともって、行動する者を、神さまは救い上げてくださいます。それが私たちの信じる、努力への報酬です。

だから、前を向いて、「たゆまず善。」
嵐は来ます。しかし、それから目を背けず、
まっすぐ立って、一歩一歩前進していきましょう。

神さまがともにあり。隣に、堅く握りしめた戦友の手があれば。
私たちはどんな困難にも立ち向かえることを、知っています。


「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。
わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。
あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、
川を渡るときも、あなたは押し流されない。
火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。
わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している(イザヤ43:1~2、4)。」


<おわりに>
私たちは、この末期的な世にあっても、神さまの子どもです。
神さまは私たちを、愛してくださっています。

周囲の批判に拘わらず。この愚かで「しょ~もない」人類を、
確かに愛してくださっているのです。

いつも応援感謝しています。
あなたのひとポチで、より多くの方が導かれ
愛と平安を見いだすことができますように。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト




別窓 | 神さまってどんなかた? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<父なる神 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 「救われた」クリスチャンについて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/