FC2ブログ
後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
経済、資本主義、トランプー
2018-07-25 Wed 10:11
現在の俺たちが呼ぶ「資本主義経済」とは、
セミの抜け殻のようなものだ。

そこには「過去の叡智と栄光」が詰まっていたが、今や既に、本体が抜けてしまった殻があるのみ。
理想や信念は形骸化して、大義名分の殻としてだけ、残った。

後に残っているモノ。セミの抜け殻に、中身を、実体を与えている物は、何か。


それを動かし、刺激され、使役され、なお崇めているのは、
俺たち人間の欲望であり、エゴであり、比較•優位•差別•嫉妬などに支配された、未成熟な人格である。
20180725101054106.jpg

ーーーーー

ウルグアイの元大統領ホセ•フミカは、
「資本主義は過程の経済だ」(大意)
と言っている。

確かに、今までの人類の科学的、
経済的発展は資本主義に負うところがあるが、

人間の欲を、
①刺激し②満たし③更に刺激する…
その無限の連鎖を動力源とする資本至上主義では、今後立ち行かなくなる。それが彼の主張だ。

だから資本主義自体は、あくまでも
「人類がある一定の水準に辿り着くための道具」
に過ぎない。と言っている。

言い方変えれば、
「資本主義にはさらに先がある」って事。

ーーーーー

後藤が言うところの「食う側、食われる側」「搾取する側、される側」というような考え方も、残念ながら…

資本主義経済ドップリの申し子であって、
あくまでも「まだまだ未開発、未成熟の考え方」である。これには頭が下がった。

ーーーーー

「途上国から先進国への富、資源の移動…」
これまでずっと批判されながらも、
資本至上主義、
= 拝金主義、
= 金持ちが何でもやれる主義…
は維持されてきた。(だって儲けてきた関係者各位、止めたがらないんだモン)

資本の有効活用において、
「(資本を蓄積出来るほど)知恵ある者が、
その他大勢を導く」のが正しい。
短絡的に、そう信じられて来た。

その「資本創造の最効率化、最適化」が国境を超えて起きていて、自由貿易の名のもと、これまで「持ってる奴ら」のやりたい放題でした。

そこで。
世界潮流の対抗策として出てきたのが、
今のトランプ政権だ。

トランポー様がやろうとしていること。
「保護貿易主義を復活•増大させる」ことは、

つまり
●これまで、通貨の強さや科学•技術•教育•衛生等の面で放題して来れた先進国に対し、
●関税障壁、その他諸々の嫌がらせも含め復活させ、
●先進国が後進国の資源、強いては政治を「放題」できなくして行く為。
ではないか。

見た目、荒っぽくて支離滅裂感があるし、
先進国が凋落する過程で、多くの人が死んだり滅んだりするので悪評は尽きないと思うが、

実は南北(先進国と途上国)の格差を縮め、
欧米日が途上国の負担の上に、
これ以降繁栄を図れないようにして行く、その為の方策なのではないか。

資本主義Ver.2 と呼ばれるか、それとももっと天外な呼称が出るかは置いといて、

「覇権の多極化」に加え、
「資本主義の更新」まで実現しようと暗闘しているとしたら、
トランプさん、アンタ一体何者なんだ。
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【アホの一念】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | しゃべる言葉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。