後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Passion――あなたはOOのために、死ねますか
2007-01-24 Wed 19:43
「Passion」という言葉があります。日本語に訳すと単に「情熱」でしょうか。

この言葉の起源を辿ると、「主イエスの最期の晩餐~処刑完了までの期間」という表記にぶつかります。つまり、キリストイエスが示された「苦しんで、そのいのちを捧げても、達成したいと思う」情熱、それがパッションです。

イエス「Passion」は、メル・ギブソン監督に任せるとして、今日は前回出てきましたパウロさんを例に「Passion」の意味を詳しく見てみましょうか。

シリアのダマスカスへ行く途中「目からウロコ」が落ちたパウロさん。主イエスの声を聞いて、その指示に従う事を決意。ただちに反キリスト路線から、親キリスト路線へ転向しました。

口で言うのは簡単なのですが、これはいわゆる「抜け忍」な訳ですよ。カムイです。タイガーマスクです。最近のアニメは知りません。抜け忍は組織の秘密も知っているし、なまじ強くて影響力があればこそ、裏切り者として組織を挙げての報復です。暗殺者が毎週送られてくるのです。パウロさんも同様、これまで所属したユダヤ人グループから命を付け狙われるようになりました。

城壁に囲まれたダマスカスの街の出入り口には、ユダヤ人組織の息のかかった人間が昼夜見張り、迂闊(うかつ)に街を出歩く事もできません。多くの待ち伏せや追跡、兵士、暗殺者、そしてユダヤ人たちの敵意の目をかいくぐっての脱出劇。場所を移っても、その活動を阻もうとするユダヤ人社会の妨害は続きます。ある時は、占いの霊に取り憑かれた女性を救ったことから、そのオーナーに恨まれ、訴えられた上にむち打ち・投獄の憂き目に遭いました。

福音伝道を、ユダヤ人たちの扇動・偽証によって阻まれ、地方行政からも誤解されたり敵視されたり。時にはユダヤ人の手に落ち、石打ち(民衆×100人くらいが、手に手に石を持ち、受刑者に投げる。痛い)に遭って死にかかったり。あることないことでっち上げで、訴訟を起こされたり。

(たとえ同郷人であっても、見ず知らずの人間からの迫害であれば耐えられたかもしれません。しかし従順なユダヤ教信者であるパウロさんの両親、兄弟姉妹、師や友人たちからも誤解され、糾弾され、勘当されたのは辛かったと思います。)

そして、ローマ皇帝への上訴、裁判、そしてローマでの宣教を経て最終的に、主イエスキリストが処せられたように、パウロさんも架刑に処せられます。これまでの自分の人生。家族。友人。仕事。地位。名声。財産。ある意味全てを棒に振って、それほどまでにして、彼が求めたものは、一体何だったのでしょうか。

「神の下さる賜物は、私たちの主キリストにある永遠の<いのち>です。
これは、目に見えず、耳で聞くこともできず、私たち人間の心で把握しきれないものです。しるしを求める者、論理で解明しようとする者には<愚かさ>ですが、私たちは御霊の恵みによって、神から賜ったものを知ることができます(ローマ6:23、Iコリント2:9、12、22~24意訳)。」

そして、そのPassionを達成するために、彼は文字通り自分の「からだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげ」たのです(ローマ12:1)。

あなたは「Passion」を持っていますか?
それが競輪やゲームや夜遊びや株取引や仕事や家族や…。そうした物であれば、本当にその為に命を失ったとき「あれ、俺/私何やってんだろ?」と振り返るかもしれません。

それよりも、「何はともあれ、あなたがたは、神の国を求めなさい。そうすれば、これらの物は、それに加えて与えられます(ルカ12:31)。」つまり、まず神さまの愛を深く理解し、神さまがあなたのために用意してくださった計画を知り、神さまの意思に従って生きること。それを目標として「Passion」燃やして日々生きることです。
そうすれば、日々の暮らしの必要や、職場での円満な人間関係や、夫婦間の仲や、家族の愛や…。そうした物は後から自然とついてきます。

パウロが人生を旅人として過ごし、伝え続けたもの。
イエスキリストが十字架の死で、達成しようとしたもの。
それはあなたの、愛と至福と平安に満たされた<いのち>なのですから。

あなたは「イエス!」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキング
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<なだそうそう | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 苦しい時、帰っておいで>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。