後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
<傷心>
2017-08-17 Thu 19:17
前稿を書いた後、しばらく大宮をぶらついた。
ちょっとした「傷心ブラブラ」である。

そう思っていたんだが、
昼飯を食う道のりで、何故か「ニヤつく自分」に気付いた。


「ニヤつき込み上げの自分」。

不可解だ。
なぜなら融資通らぬ「一敗地に塗れる負け戦」、だったのだから。
理詰めのダメ出しで、効果的な反論もできずに「没合意を合意」してきた。休みを一日無駄にして。

その「ニヤつき」の根源。

その時

俺の「原動力」が分かった。


「怒り」だ。


努力しても報わない、
「ルール」「属性」「制度」と言う柵に阻まれた、狭苦しい世界に対する「怒り」。

同時に気付く。
「怒り」は正しく運用し、上手くギアにぶち込めば、

凄まじい力を発揮してくれる。

「絶望」は縛る力。
「怒り」はそれを食い破る。

「諦め」は我らをつなぐ杭。
「怒り」は杭を引き抜く挑戦だ。

そう思えば、
我ら、もっと怒るべきだ。

清く正しく主にあって、
怒るべきだ。

卑屈になるな、怒れる若人よ。
怒りを、この説明不能な心の力を、

希望に換えろ。

ーーーーー

と言う事で、
公庫は金融庁の姿勢が変わるまで封印する。ザマミロ。

で、ない物はない。と出てくる物がある。

知恵と、代替案だ。

北國銀行のローン(超低利)は、
住居地限定だからダメそう。として、

中央ろうきんさんのローン系で、組み合わせて競売等に使えそうな物はある。

探せば、他にも出てくる事だろう。

それもこれも、「怒り」が後押ししてくれての調査努力だ。

やり方はある。出てくる。

俺たちが怒り、
情熱的であり続ける限り。
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<〈経済的津波は〉 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | <鶴声>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。