後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【】
2016-09-11 Sun 22:26
住宅ローンを組む際にほぼ強制される「元利均等返済」について。

ほらあなた、
ローン組むときに銀行さんから

「元利均等返済の方が、毎月の支払いが固定されるので計画を立てやすい」など、
一見理にかなう説明をされた奴ですよ。


この元利均等返済、最初の頃は

=金利払いが大
=元本払いは小

=つまり最初の10~年とかは、元本が減らず金利払いで銀行を慶ばすばかり。

(ナニワ金融道でヤクザの腹黒がカモに持ち家を売却させて、
入院費等払わせようと画策した時。

カモが家を購入してからまだ年月が浅い状況を指して
「なんや、床の間の柱一本の値打ちしかないんか」と言ったのは、正しい。

つまり持家とは言いつつも、実は殆ど銀行が所有しており、金利しか払えていない「所有者」は柱一本分位しか元本を返せていない、と言うこと。)


―――――

金利ばかり払わされた10年。

つまり額面の「貸出金利2.35%」とかって、
この10年間に関してはめちゃくちゃ暴利、
だったんじやないですかね??実際年利で引き直すと、金利8%、10%、14%、みたいな?

後藤はその比較計算ができるほど賢くないので野生の勘だが「してやられた感」があるぜ。

さて、ここでシナリオ分岐ですが、

①10年経って全額繰り上げ返済してやったw
場合。おめでとうございます。
ですが申し上げた通り、その10年は超高い金利で払わされていました。残念。

じゃあいっそのこと、
3年後、5年後に繰り上げちゃえば?
さてそれは、官民合同の繰り上げ阻止制度があるぜ。

これ則ち、住宅ローン控除/減税。
控除期間は10年、なので「10年は借り続けて、税金を取り戻そう」と言うインセンティブが働く。繰り上げ返済はその後、銀行が十分に旨い汁を吸ってから、になる。

②10年経って借り換えしてやったww
場合は、より一層おめでとうございます。

この場合、A行に10年旨い汁を吸われ、
そして更に、借り換えたB行で条件引き直し、
再度「金利多め払い」振り出しに戻る、と言う辛い現実が待っております。借換手数料もあるしね。

―――――

そんな「一見公平で理にかなう」詐欺が、俺達の日常にはちりばめられている。

と言うか、
「署名捺印の前に、ちゃんと説明書読みなさいよ」と言われて終わる。
ま、それは正しい。

騙される方が悪いのだ。資本主義では・・・。

ま、俺も騙されました◎。
借り換えを考えた時に感じた違和感を、今回表現してみただけ。反省文みたいなもの。

ともあれ。
真実の世界へ、ようこそ。

http://allabout.co.jp/gm/gc/10461/
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【気になる聖句】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。