後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【速脳】
2016-07-28 Thu 22:35
「有限の人間に与えられている、
この地上での時間はある意味、
平等に一定である。」


Yes か No か。



Yes。一部。
確かに聖書にこう書いてある。

そこで、主は、
『わたしの霊は、永久には人のうちにはとどまらないであろう。
それは人が肉にすぎないからだ。

それで人の齢は、百二十年にしよう。』
と仰せられた。(創世6:3)


どれだけ健やかな人間であっても、120 Max。
そうやって主から与えられた地上時間は確かに「平等に一定」だ。

―――――

だがNo。

サァここからが本番だ。

それは俺たちが、
人間の時間の受け取り方、感じ方、
時間の密度、濃度…と言ったものの違いを、実感しているからじゃないか。

E.g. ウン子我慢の行列トイレ(=逆境)
E.g.2 試験中(=超集中)
E.g.3 愛しいアノ娘(Ellie)と熱烈デート(=@言う間)

―――――

それ以外にもある。それには「脳内思考速度」が大きく関わってくる。

速聴や速読、と言ったものは、
突き詰めればこの 「脳内思考速度」 を Boost するための手段だ。

―――――

脳という器官は疲れない。
私たちが起きている間中、ともあれ絶え間なく活動し、

見るモノ・聞くモノ・触るモノ、嗅ぐモノ・味わうモノ全てを篩にかけ、
優先順位を決め、都度意識を集中したりスルーしたりする。
ともあれ考え続け、思考を広め深め豊かにし続ける。

脳には On - Off しかない。
その中間がない。

半口開いてボケっとしている人でさえ、思考停止していない。
思考が明後日の方に向いてしまっているだけだ。Day dream believer め。

―――――

ここまでは良いだろうか。まとめると、

①脳は On の時、ひたすら活動を続ける
②脳は物事に優先順位をつけながら活動している。アンテナ精度は興味・関心次第
③「脳内思考速度」を高める方法がある(*昔人たちは「聖書速読」みたいなので補っていた(筈))
④また脳には「集中モード(仮)」があり、その間の体感時間の流れは普段と異なる

つまり、同じ与えられた120年の枠内でも、
2倍の速度密度で思考し続ける者は「凡人の倍の時間を生きられる」と言えないだろうか。
同時に、
思考をあっちに押しやってボヘっとしている者は「与えられた枠の半分も生きられない」のでは。

―――――

脳の On - Off に関して。

栃木県小山市の所有物件隣に、ご高齢の夫妻と障害児(と言っても50代か・・・)がお住まいだ。

お爺ちゃんが高所ペンキ塗りをしていたのでその腕前を褒めると、
「まあ上がれ」と言ってご自宅へ通してくれた。

その時に聞いた話を鮮明に覚えている。

お爺ちゃんが脳梗塞で、
車の運転中に意識を失った時のこと。

「ふぁ~っとなって気が遠くなり、
そのまま意識を失った。

気付いたら点滴に繋がれて病院の天井を眺めていた」

「ああ、あのまま寝ていたら(Forever 脳OFF)死ぬ、ってことなんだな。
意識喪失の中から再び起きてくれば(脳ON)生きる、ってことだ。

そう考えたら、死ぬのはそれほど怖くなくなった」


聖書にも、「死ぬ=眠る」(1 コリント15:6)と言う表現があるが、

その脳ON 状態が断たれて OFF になり、
意識喪失した状態で HP0 になると死ぬ、みたいな。

聖書の時代の人間たちも、
本能的・直感的に悟っていた。

眠ることは、意識を失うことは、
死に等しいことだと。

―――――

脳ON 状態でも、その情報感受性は人それぞれである。

ある人はただラーメンを食べ、
またある人はラーメン帝国を妄想築く。

「このラーメン屋の月商はどの位か。

①客平均単価いくらで、
②1日○○○杯売れると
③1日の売上これくらい。
④原価率は40%なくて、
⑤人件費=日給×バイト人数、
⑥家賃はこのくらい掛かったとすると、
⑦月商この程度かな。

次に、

⑧彼らをフランチャイズ化するとしたら
⑨どういうフランチャイズ権の売り方で提案するか
⑩立地に関して、潜在顧客・競合状況はどのくらいならば採算ベースに乗るか
⑪年間何店舗くらい出店させるか
⑫社員教育はどうする
⑬コピペできるモデルは
⑭こういう案件で頼れる人脈は?いなければどこを探せばいい?」

「一杯のラーメン」間に、完結している。

ただラーメン Vs. 帝国ラーメン。
この差ってやはり脳内人生時間に、多大なる影響を与えないだろうか。

―――――

ここまで言えば、結論は明白だ。

脳を使え。
脳をとことん活性化させよ。
脳内時間をより脳密に、脳厚に仕向けるように。
超スピードで考えよ。様々な事案に関して。
超複眼的に、超好奇心旺盛に、だ。

そうすることで、

俺たちの脳内人生時間って、

「100万回生きた猫」くらいには、

伸ばせんじゃね??
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【今日 虹を見た】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 【大敗】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。