後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【和解】
2016-05-23 Mon 19:24
後藤は介護職員だ。
(大家業との比率で言うと「27:23」だ。もうチョイで大家が勝つ。
って、少しは自慢させてくれよ…)

で、たくさんのご高齢者を相手にお手伝いをしたり笑ったり慰めたり手当 Healing したりするわけだが、

中には世を拗ね・世を憎んで止まない「不機嫌系」悪男悪女も混じっている。



配膳に来たヘルパー後藤の所作をじっと睨んでいる悪男さんを思うに、
「まぁ70過ぎて対人感情がこれ程 敵対的なのは、
何かよほど酷い目に遭ったか、
何かよほど酷い目に遭わずに済んで甘やかされ生きてしまったか、
どっちかだろうな…」

そうして、
自分の期待に100%応えられない他人に「苦い想い」を塗り固めていく。70になっても重度の自分病

ここで、主に教えられる。

『人間は誰しも、

他人と、
世界と、
そして何より、自分自身と…

和解し、認め合う必要がある』

それが欠ければ、死に至るまで苦々しい思いで、哀れなヘルパーを睨み続けなければならないのだろう。
彼・彼女の苦みと毒は、とっくに家族に回っている。
それは来館者名簿など見ても、確たる実績としてそこに横たわる。…

―――――

「和解する」とは、相手の弱さも認めること。
世界の不完全さを自覚し許容することであるし、
また自分自身の過ちや欠けをも、受け止め・受け容れることだ。

素晴らしいのは、
人生最後のフェイズにある彼ら・彼女らにも、
和解のチャンスは残されていることだ。
そして実際に、主はどんな機会をも用いられる。

後藤が味噌汁をこぼす。

とかですら、
主の御手にあるとき 奇跡となる。ですよね!
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<【金は天からの廻りモノ】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 〈昇天〉>>
この記事のコメント
#718 *自作実演のコメントです
人付き合い、めんどくせぇ。
人間関係最初から。あり得ない。
ご近所、ウザい。


その、メンドクサイ事と、今、和解しなければいけないのだろう。
自治会の活動の中で、それを痛感させられ、好感させられている。

40代から摂るべき幸福のサプリは、
この、メンドクサイ「和解」のプロセスに尽きる。

主よ、我らの群れを守り導いて下さい。
2016-05-23 Mon 19:34 | URL | すみません、後藤でした #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。