後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
〈コンクリート・ビジネス〉
2016-05-04 Wed 15:49
コンクリート・ビジネス Concrete business とは。則ち「硬いショーバイ」の事だぜ。

職場最寄の三岩小学校が、今回建て替えられる。今は内装引っぺがしてスケルトンまでの工程中だ。

だが良く見ると、
基礎含めコンクリにはクラック一つ無く、
上下水、廃熱、排煙、恐らく電気系統も、外配管でメンテナンス性に優れた設計である。見た目はアレだけど。

つまり、10~20年毎に屋上防水と配管系の交換さえしていれば、この躯体はコンクリ満期の50年どころか、7~80年裕に超えて役に立てる建物だ。少なくとも、そういう設計思想で建てられている。

それを、基礎から全て破壊して、建て直す。

建て前は、「耐震性」だとか「老朽化」だとか言うのだろうが、
恐らく本音は「コンクリート・ビジネス、しかもこの量!は儲かるから」
だろう。んんん~っっ?
―――――
<リンク>
【Christ's Church Co.Shigaya 越谷キリストの教会】
【Christ's Church Co.Shigaya の行なう事業について】
【Million House(百万家 ミリオンハウス)】
【銀カフェ】
【CCC 自習塾】
―――――


そうだ。コンクリ建造物は、一度建てると更新の必要があまりない。
無理なロジックでも言い掛かりつけて建て直し促進しない事には、
「お金が循環しない」。主にゼネコン系に。

全て、無知な都区民、親御さん世帯を言いくるめて儲ける「硬いショーバイ」だ。

ここが、民間/金持ちとの最大の違いだ。効率度外視で、業者との癒着の中、薄っぺらい建て前を元に予算消化だけを図る。

消化出来ないと翌年の予算を削られ、人員も削られ、給料も削られるから。だろお前ら?

業者は勿論、売上を目指す。ただし値崩れは起こしたくない。ので、競争入札と称する談合が発生してきた。

チップを欲する小役人と、硬い仕事が欲しい建設やくざ。
根底に流れるロジックが変わらなければ、談合が無くなった?と誰が言えよう。手段は巧妙化しただろうがね。多分スマホで。

美しい建て前の裏。建て裏。
俺たちはそれを吟味しないといけない。

国民の大多数が、愚民政策のくびきを砕いて真に独立するならば、

この国に変革は起こる。



...
起きなきゃ残念、末法の世。
スポンサーサイト
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【大変変態】 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 〈俺はしぶてえぜ〉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。