後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
〈俺はしぶてえぜ〉
2016-05-04 Wed 15:42
畑ネタだ。懲りずに。

ヨモギさんと言う雑草がいる。
餅に止血にお茶に入浴剤にお灸にと、人類に広く活用される草だ。

だが、無知なることよ。
後藤は当初、やたら成長が早く横に根張る彼女を「ふてえ野郎だ」と迫害しまくっていた。

同時に、こうも印象受けていた。
「何か見たことある」
「こいつの根をシェルターにして、ミミズ含めミクロの生物圏が形成されている」
「こいつが制圧した場所は、他の雑草が生えない」・・・







そうやって今回、この迷惑千万な畑の覇者を検索したところ、Google さんが親切に教えてくれたのだ。
「後藤さん。彼女は、我々の味方です」

よもぎさんの特徴、横に・根・張る件について。若い芽を土ごと根本まで切り裂くと、なにやら「ず~っと繋がっている。」

そうだ。一匹いたら50匹はいるテラフォーマーズ並に、地中で存在感があるのがよもぎさんだ。

複数の個体が絡み合い、コロニーを形成。ますます抜き辛い構造になってます。そこがダンゴムシの温床にもなっている。

また、横張り根は耕した柔らかい大地に容易に侵入し、一気に勢力拡大するから厄介だ。故に後藤は、よもぎさんの気配があれば出向いて行って、根絶やしにしていた。

そんなよもぎさんが教えてくれた事。

彼女はその稀なる再生能力を持って、ほんの僅かな遺り根から、2週間もすると見事復活してくる。

倒しても倒しても立ち上がってくるジョーを相手にしているかのようだ。

彼女、口数は少ないが、
「私、何があっても、立ち直ってみせる...っ!」
とその生き様で雄弁に自己主張される。

「あなた(後藤)なんかに絶対、負けはしないっっ」

とか言って悪の後藤を睨んでくる、正義のヒロインなのだよ。よもぎさんは。

ーーーーー

自然は、すげえな。

ほんの根の一本、遺せていれば。
抜き捨てられ、強烈な太陽の熱に晒されながらも、細い根の先が大地に触れてさえいれば。
種の一つが、大地に飲み込まれてさえいれば。...

再生して見せる。

思えば俺たち人間も、その自然の一部なのだな。
これから先、日本が一体どうなろうと。
どんな根こそぎ悲惨が待ち受けようと。...

「私はしぶといわよ...」
「悪には、絶対、負けはしないっ!」

そう叫ぶよもぎさんの姿に、悪ながら感動して倣いたいと思ったのだよ。
スポンサーサイト
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<〈コンクリート・ビジネス〉 | キリストの愛を 超多忙なあなたに | 〈催す話〉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/